ブログ ホームページ活用

【売り込み感】のないホームページになっていますか?

コロナの影響で極端に外食の機会が減り、スーパーを利用する機会が以前より増えました。

そのスーパーに行くたびに感じること。

それは、POPやチラシ、店員さんのマイクなど、ありとあらゆるところに「売り文句」が溢れているな、ということです。

スーパーに限らずドラッグストア、百貨店でも。

テレビCMでも雑誌の広告でもそうですが、巷には売り文句で溢れかえっています。

特に今の時期は、冬物最終バーゲンの売り文句が多くなってきていますね。

 

 

 

人の心を動かすことができない「売り文句」が多いのはなぜ?

ですが、それほどたくさんある売り文句の中で、人の心を揺さぶるものは、果たしてどれくらいあるでしょうか?

ホームページ制作という仕事をして、売れるホームページを作ることを最大限に考え、常に「売ること」にアンテナを張っている身としては、一般の消費者よりも多少は感覚が鋭くなっているかも知れません。

ですが、そのように日常的にアンテナを張っていても、

「あ!心が揺さぶられた!」

「うまいキャッチコピーだな!」

「これはやられた!」

と思う売り文句に出会うことは、そうそうありません。

全くないというわけではないのですが、たくさん目にする割には少ないという印象です。

では、どうして人の心を動かすことができない「売り文句」がこれほど多いのでしょうか?

それはズバリ、「視点が違うから」なんですね。

 

 

「売る側が言いたいことを言っている」だけで、「お客さまが知りたいことを言っていない」んですね。

スーパー、ドラッグストアなどの店舗に限らず、商品やサービスを取り扱う側は、どうしても自分のこと、自分の商品のことだけを語りたがります。

商品やサービスを作る側、売る側が自分のこと、商品のことを語るとは、一体どのような意味があるでしょうか?

実はそのことが、「宣伝」なんですね。

作る側、売る側が語る言葉、文章が宣伝です。

どんなに素晴らしいフレーズを使ったとしても、どんなに素敵なアイデアが盛り込まれていたとしても。

自分の都合のよいことしか書かれていないことが多いんです。

 

人は基本的に売り込まれることが嫌いです

たとえば、「大幅値下げ!」とだけ書かれてあるPOPがあるとします。

よく目にするフレーズだと思います。

ですが、なぜ大幅に値下げするのか?という理由が、どこにも書かれていなかったりします。

 

 

つまり、それは「売り込み」なんですね。

人は基本的に売り込まれることが嫌いです。

これは売り込まれそうだな、と思ったら逃げます(笑)

長年アパレル店員だったからわかるのですが、ショップの店内に入ったと同時に、店員さんが寄ってくると嫌な感じになりませんか?

あの感覚です。

私は自分で欲しいものを探すから、近寄ってこないで! みたいな。

あくまでも買う時の基本や基準は自分である。

お客様はそう思っているから、売り込みには拒否反応を示してしまいます。

これはすごく大事なことなのですが、お客様はどんなに良いことが書いてあっても、「宣伝は売り込みである」ということを見抜いてしまっているんですね。

広告やPOPには、売りたい側の都合のよいことしか書かれていない、ということに気づかれています。

だから心が揺さぶられないし、気持ちが動かないんです。

では、どのようにしたらいいのでしょう?

どのようにすれば、お客様の心を激しく揺さぶることができるのでしょうか?

 

視点は自分ではなくお客様に向けること

その答えは、先述した「自分が言いたいこと」ではなく、「お客様が知りたいこと」を伝える、ということなんです。

視点を自分だけの側から、お客様の側に移す。

お客様の側から、自分の商品やサービスを見てみる。

そうやって視点を変えてみると、それまで見ていたものとは全く違った価値が、商品やサービスには含まれていることに気づきます。

 

 

そのように考えると、実はいかに「お客様が知りたいこと」を伝えていなかったか?ということに気づきます。

お客様が知りたい「欲しい」と思うことを伝えるには、「売りたい!」という気持ちではなく、「喜んでもらいたい!」という気持ちになる。

「買ってもらいたい!」という考えを捨てて、「感動してもらいたい!」という思いを持つ。

「伝えたい!」と思うのではなく、「気づいてもらいたい!」と思うことが大事なんだと思います。

 

あなたのホームページは大丈夫でしょうか?

自分のこと、自分が伝えたいことだけで作られていませんか?

一度確認してみてくださいね。

 

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

ブログ ホームページ活用

2021/4/10

【やりすぎ注意】ホームページに使う写真の加工・修正

もう時効だと思うので書きますが、今から5年ほど前のこと。 まだアメブロカスタマイズのみをメインサービスとして提供していた頃、お客さまとこんなやりとりがありました。 ヘッダーに使う写真とプロフィール写真ですが、私の顔のシミ、シワが目立たないように修正してください。 画像補正ですね。 承知しました。 常識の範囲内で修正いたします。三浦さん 修正後 全然直ってないじゃないですか!💢 やり直しです。 もっと加工してください いやー、これが限界です。 これ以上補正すると、逆に不自然になりますね。三浦さん そんなこと ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/4/8

【制作実績】ファイナンシャルプランナー 大澤博子様

この度、ファイナンシャルプランナー・大澤博子様のホームページを制作いたしました。   これまで多種多様の職種のホームページを作成してきましたが、制作にあたり心掛けていることの一つに、「職種のイメージを損ねないようなデザインにする」というものがあります。 例えば、これは極端な例かも知れませんが、人のメンタルケアをサポートするカウンセラーのホームページが、ゴールドやパープルのような派手な色使いのサイトだったらどうでしょう? 間違いなく明らかに逆効果ですね。 ナチュラルな優しい色使いにする。 あるいは ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/4/5

【制作実績】心が生きる「性」アドバイザー 高橋ピン子様

この度、長野県を中心に活動される、心が生きる「性」アドバイザー・高橋ピン子様のホームページを制作いたしました。 高橋さんから最初にホームページ制作をご依頼いただいたのは、今から4年ほど前。 現在とでは肩書きも活動内容も違っていた高橋さんは、最初はJimdoフリープランでホームページを制作いたしました。 今でこそWordPressでのホームページ制作のみを承っている三浦企画ですが、数年前まではJimdoを使った制作も承っていました。 Jimdoフリープランでのホームページを活用していくうちに活動内容が変わり ...

ReadMore

キャッチコピー ブログ

2021/4/5

当たり前すぎるキャッチコピーではお客さまを呼べない理由

今から20年ほど前、筆者がサラリーマン時代のお話。 国内アパレルメーカーから、外資系メーカーに転職したことがありました。 条件や待遇が良いだけでなく、やりがいもありそうだったので、即決断したんですけれども。 その時に感じたのが、さすが外資系というのは業績や人材育成など、全ての点において厳しいなー、ということでした。 売上報告一つとっても、「かなり売れてます」「お客さんが大変増えています」みたいな伝え方をしようものなら、 即怒声を浴びせられます。 「かなりではなくて、前年比で何パーセント増えているんだ?」 ...

ReadMore

お知らせ

2021/4/3

4月5日〜7日 臨時休業のお知らせ

いつも大変お世話になっております。 三浦企画は、誠に勝手ながら下記の日程を臨時休業とさせていただきます。 2021年(令和3年)4月5日(月)〜4月7日(水) 期間中はお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。 お電話をいただいた場合、留守録に切り替わりますが、お返事は4月8日(木)以降になりますことをご了承ください。 また、メールでのご連絡・お問い合わせ(LINE、messenger等含む)も受信まではできますが、お返事は同じく4月8日(木)以降になります。 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒どうぞよ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ブログ, ホームページ活用

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2021 All Rights Reserved.