セキュリティ ブログ

あなたのホームページはSSL化されていますか?

Googleは、WEBサイトを訪れるユーザーのセキュリティを守るため、SSLを普及させ、検索結果表示順位において、常時SSLサイトを優遇しています。

SSLとはインターネット上で通信を暗号化する技術のことです。

 

 

常時SSL対応は、今や必須、常識

ユーザーに安心してWEBサイトを利用してもらうためにも、これかれらのホームページは常時SSL対応が必須になります。

Googleは検索ユーザーのセキュリティを守るため、WEBページをHTTPS化する「SSL対応」のWEBサイトを優遇しています。

WEBサーバーとブラウザ間で通信する際の規格を「HTTP」といい、「HTTPS」はHTTPにセキュリティの機能を追加したものです。

サーバーとブラウザ間での通信を暗号化し、安全にデータを転送できるHTTPSは、送信フォームやECサイトの決済部分など、個人情報を入力するページだけで利用されることが、これまでは一般的でした。

 

 

ですが現在では、影響は小さいですが、Googleから優遇されることもあり、WEBサイトのすべてのページをHTTPS化する「常時SSL」という手法が一般的になっています。

 

 

常時SSLサイトのメリットは、セキュリティが強化されることで、ユーザーが安心してログイン、フォームへの入力、サイトの回遊などを行えることです。

対応するには以前は若干のコストが必要でしたが、現在はロリポップ、さくらインターネット、エックスサーバーなど、主力レンタルサーバー会社は、無料でSSL設定ができます。

 

ロリポップ 独自SSL(無料)のお申込・設定方法

さくらレンタルサーバ 無料SSL

エックスサーバー 無料独自SSL設定

 

サイトを訪れるユーザーに対して安心感を提供するために、SSL対応に関して理解を深め、取り組んでいくことが大事です。

 

SSL化されていないサイトにアクセスすると「警告」が表示されます

SSL対応のWEBページをブラウザで表示すると、以下のような鍵マークが表示されます。

 

一方でSSL対応でないWEBページを「https://」から入力してGooglechrome(Googleのブラウザ)で表示させると、以下のように警告メッセージが表示されます。

現在は、クレジットカード情報やパスワードを送信するWEBページがHTTPSに対応していない場合に、chromeでは警告を表示するようになっています。

Googleはセキュリティを最優先事項として考えており、検索はもちろん、Gmail、Googleドライブなどのサービスはすべて、安全に接続できる状態で提供されています。

また、Google自体のサービスのみならず、より広い範囲でインターネットを安全に利用できるように、Google検索で表示されるWEBページの安全性も配慮されています。

もはや常時SSL化することは一般的になっていることから、SEOへの影響は比較的軽いため、SSL対応にしたからといって劇的に順位があがる、ということはありません。

同じジャンルで競っているWEBページと評価が同じ場合には、SSL化対応にしているページのほうが優遇される、ということはあるようです。

とはいえSEO云々関係なく、ホームページを運営している以上、ユーザーの身を守ることは当然の義務といえます。

警告が頻繁に表示されるようなホームページは、ユーザーからすれば危なっかしくて利用を躊躇してしまうでしょう。

たとえ検索順位への影響が少なくても、ユーザーに安心してもらうためには、常時SSL対応は必須の取り組みである、といえます。

あなたのホームページは大丈夫でしょうか?

もしまだ常時SSL化されていないようでしたら、すぐに対応するようにしてみてください。

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-セキュリティ, ブログ

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2020 All Rights Reserved.