WordPress プラグイン ブログ

WordPressのバージョンアップデートはすぐに行うべき?

相談者・Hさん
WordPressを使っていると、頻繁に「WordPress ●.● が利用可能です ! 今すぐ更新してください。」というようなメッセージがダッシュボードに出ますよね?

あの通知を見たら、やはりすぐ更新した方が良いのでしょうか?

WordPressのバージョンのアップデートのことですね。 もちろん、更新した方が良いのですが、すぐには行わないことをお勧めします。

今日はその理由についてお話しますね。

三浦さん

 

 

三浦企画のホームページ制作サービスは、WordPressを用いて制作しています。

そのWordPressでホームページ(ブログ)を運営されている方も多いでしょう。

2019年9月の時点で、日本のCMS市場において、WordPressのシェアが82.4%という高いシェアを占めているというデータがあることからも、その利用度が高いことがわかります。

WordPress、日本で82.4%という高いシェア(マイナビニュースより)

 

利用者が多い分、悪質なユーザーからセキュリィの甘さを突いた攻撃もされやすいとされています。

そのような状況をWordPress側が放っておくはずもなく、常日頃からアップデートを行うことで、しっかりと対策を施しています。

 

WordPressのバージョンが新しくなると、ダッシュボードに以下のような表示がされます。

 

「今すぐ更新してください」なんて書かれていると、すぐにでも更新しないといけないと思いがちですね。

ですが、新しくなったバージョンにすぐにアップデートをすると、様々な弊害が生じ、デメリットとなります。

 

WordPressのアップデートとは?

WordPressのアップデートの目的は、WEBサイトを常に最新の状態に保ち、セキュリティ面などを保持することです。

アップデートには以下の2種類があります。

●メジャーアップデート・・・Ver.4 → Ver.5

半年程の頻度で行われる、大規模なバージョンアップになります。多様の機能の追加、過去の機能の削除などが行われます。デザイン面も大きく変更されることもあり、大きい規模の変更になります。

 

●マイナーアップデート・・・Ver.4.1.1 → Ver.4.1.2

セキュリティ面での改善を行ったり、プログラムに関する不具合などを改善することが目的となっています。 頻度は多く、1ヶ月に1度ほど行われることが多いです。
基本的に、軽めの改善部分や細かい機能の追加がほとんどの場合が多く、よほどのことがなければ大きな問題が発生することはありません。

 

アップデートする際に気をつけたい3つのこと

1. テーマ、プラグインが使えなくなる場合がある

WordPressをバージョンアップすることで、使用しているテーマ、プラグインが一時的に使えなくなる、または不具合が発生して正しく機能しなくなる場合があります。

アップデートには、以前のバージョンで使えていた機能、プログラムなどを一掃するという目的があります。

そうなると、これまでテーマ、プラグインで使えていた機能などが、アップデートによる仕様変更で使えなくなってしまう、ということになりますね。

利用者の多いプラグインであれば、直ちにWordPressの新バージョンに合わせて対応してくる事はあります。

ですがそうでない場合は、プラグインの詳細ページを見て、対応している最新バージョンを確認するようにしましょう。

 

2. 大幅な仕様変更に戸惑ってしまう

Ver.4 → Ver.5などのメジャーアップデートは大規模なアップデートなため、基本的な機能面やデザイン面などが大幅に変わります。

その為、慣れない機能・画面に戸惑ってしまうんですね。

最近の事例でいうと、WordPress ver5.0から登場した新エディタ、「Gutenberg(グーテンベルク)」

これまでの旧エディタと大きく使い方が変わることと、ブロックエディタであるがゆえに決して使いやすいと言えないことから、戸惑われた方も多いと思います。

ただ単にエディタが変わったというだけでなく、旧エディタで使えていた機能が使えなくなるという、一部不具合も起きました。

WordPressでは旧エディタが長い年月使われてきたため、この突然の変更に対応できない(慣れない)ユーザーはかなり多いはずです。

(注:「Classic Editor(クラシックエディタ)」というプラグインを使えば、WordPress ver4系から前の旧エディタに戻すことは可能です)

あくまでも一例ですが、上記のようにメジャーアップデートをすることで、大きく操作方法が変わることがあるので、メジャーアップデートは慎重に行う必要があります。

 

3. PHPバージョンに対してサーバーが未対応

WordPressのアップデートをして最新バージョンにしたら、ダッシュボードに「PHPの更新が必要です」と表示されたので、言われるがままにすぐPHPの更新をしてしまう方も多いです。

ですが、サーバーのPHPバージョンを変更する場合は、WordPressのWebサイトが変更後のPHPバージョンに対応しているかどうかを、事前にチェックしておく必要があります。

PHP バージョンの更新

 

仮にPHPのバージョンが対応していない状態で最新のWordPressにアップデートすると、エラーが発生してWebサイトが表示されなくなってしまいます

ただ、古いPHPバージョンを使用している場合はWordPressの管理画面に警告が表示されるため、事前に知ることが可能です。

 

誤ってアップデートをしてしまった場合の対応

仮に上記のような事柄が分からず、アップデートによる不具合が発生した場合は、プラグインを使って以前のバージョンに戻すことができます。

「WP Downgrade | Specific Core Version」という、ダウングレード用途のプラグインをインストールすれば、難しい操作なしでWordPressのバージョンを簡単にダウングレードできます。

WP Downgrade | Specific Core Version

 

ダウングレード用の唯一のプラグインと言っても良いもので実績もあり、実際に使用した経験がありますが、かなり信用できるプラグインです。

 

まとめ

WordPressのアップデートは最新のverが発表されても、まずはすぐに行わず様子を見てから行うことをお勧めします。

ポイントとしては、

●使用しているテーマ、プラグインの動作確認済みバージョンを必ずチェックすること

●最新バージョン発表後、実際に使用した人の情報を検索やtwitterなどでチェックしてからアップデートをする

●分からないことや不安があれば、WordPressでホームページを制作した業者に質問してみる

 

確かにいつまでもバージョンアップをせず、古いバージョンを使い続けることはセキュリティ面を考えたうえでも避けるべきことです。

ですが、かといって最新バージョンにすぐにアップデートをしなくても、特に起きる問題はありません。

一定の期間を置いて様子を見てからでも決して遅くはありませんので、慎重に行うことを心がけたいですね。

 

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

WordPressの使い方 ブログ

2021/6/16

WordPressで「サーバーの負荷が高いか十分なリソースがないため画像の後処理に失敗しました」と表示された時の解決法

相談者・Hさん WordPressでブログを書いていて、画像をアップロードしようとしたとこと、「サーバーの負荷が高いか十分なリソースがないため画像の後処理に失敗しました」とエラーメッセージが出ました。 アップロードする画像サイズの大きさが原因かと思いましたが、使用しようとしている画像は、それほど大きくないサイズです。 何度やってもうまくいきません。 対処法を教えてください。 この現象は時折起こりますね。 解決方法はとても簡単なので、説明しますね。 三浦さん   画像をアップロードする際に発生する ...

ReadMore

お知らせ

2021/6/13

2021年8月ホームページ制作分 受付終了のお知らせ

三浦企画が現在提供している、ホームページ制作サービスの、2021年8月完成・納品分の受付は満席で終了とさせていただきました。 ただ、キャンセルが出る場合もありますので、その時はこちらのホームページでお知らせいたします。 キャンセル待ちのお申し込みは、こちらから受け付けております。 現在、9月制作開始分の受付を募集しております。 ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 少し先になりますが、9月制作分を現在予約受付中ですので、各制作サービスをご検討の方はお早めにご予約ください。   三浦企画 ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/6/5

【制作実績】ハンドメイドレッスン教室 Piacere(ピアチェーレ)様

この度、 和歌山市栄谷 グルーデコ・アクセサリー・可愛いハンドメイドレッスン教室 Piacere(ピアチェーレ)様のホームページを制作いたしました。     Piacere(ピアチェーレ)さんは、好きな物、身に着けたい物を形にする、小人数制のハンドメイド教室です。 趣味でハンドメイドを楽しみたい方から、講師資格を取得したい方まで、幅広いレッスンメニューを提供しています。   主宰の東容子(ひがしようこ)さんは、約10年間、デパートで販売されるブランドアクセサリー(ネックレス・ ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/6/3

【制作実績】痛かったらおいでよの女性専用整体サロン いたた整体院様

この度、 大阪寺田町徒歩2分 痛かったらおいでよの女性専用整体サロン・いたた整体院様のホームページを制作いたしました。   「背中痛・肩こり・腰痛、背骨・骨盤の歪みなど辛い痛みをゆるめて元気な体に。痛かったらおいでよ!」がいたた整体院のキャッチコピーです。   「いたた整体院」という、一度聞いたら忘れられないインパクトのある院名。 「体が、痛く(いたたたた!)なったら来てね。」 という意味合いが込められています。   痛かったらおいでよ、痛くなったら来てね、というお客様に語り ...

ReadMore

ブログ ランディングページ制作実績

2021/5/31

【制作実績】「奈良の銘木をつかったセルフメンテナンス健康法」Woodcise(ウッドサイズ) ランディングページ

この度、「奈良の銘木をつかったセルフメンテナンス健康法」、Woodcise(ウッドサイズ)のLPを制作いたしました。   木枕、腰枕といった、奈良の良質木材を使った器具でエクササイズを行う、「ウッドサイズ」。 「ウッド」と「エクササイズ」の造語になります。 これまで各器具の商品説明サイトは充実していましたが、実際のその器具を使っての運動方法を伝えるサイトがなかったとのことで、この度ご依頼いただきました。   考案者であり創始者の佐田俊弘さんによる実際のエクササイズ動画や、漫画を使っての ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-WordPress, プラグイン, ブログ

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2021 All Rights Reserved.