WordPress プラグイン ブログ

WordPressのバージョンアップデートはすぐに行うべき?

相談者・Hさん
WordPressを使っていると、頻繁に「WordPress ●.● が利用可能です ! 今すぐ更新してください。」というようなメッセージがダッシュボードに出ますよね?

あの通知を見たら、やはりすぐ更新した方が良いのでしょうか?

WordPressのバージョンのアップデートのことですね。 もちろん、更新した方が良いのですが、すぐには行わないことをお勧めします。

今日はその理由についてお話しますね。

三浦さん

 

 

三浦企画のホームページ制作サービスは、WordPressを用いて制作しています。

そのWordPressでホームページ(ブログ)を運営されている方も多いでしょう。

2019年9月の時点で、日本のCMS市場において、WordPressのシェアが82.4%という高いシェアを占めているというデータがあることからも、その利用度が高いことがわかります。

WordPress、日本で82.4%という高いシェア(マイナビニュースより)

 

利用者が多い分、悪質なユーザーからセキュリィの甘さを突いた攻撃もされやすいとされています。

そのような状況をWordPress側が放っておくはずもなく、常日頃からアップデートを行うことで、しっかりと対策を施しています。

 

WordPressのバージョンが新しくなると、ダッシュボードに以下のような表示がされます。

 

「今すぐ更新してください」なんて書かれていると、すぐにでも更新しないといけないと思いがちですね。

ですが、新しくなったバージョンにすぐにアップデートをすると、様々な弊害が生じ、デメリットとなります。

 

WordPressのアップデートとは?

WordPressのアップデートの目的は、WEBサイトを常に最新の状態に保ち、セキュリティ面などを保持することです。

アップデートには以下の2種類があります。

●メジャーアップデート・・・Ver.4 → Ver.5

半年程の頻度で行われる、大規模なバージョンアップになります。多様の機能の追加、過去の機能の削除などが行われます。デザイン面も大きく変更されることもあり、大きい規模の変更になります。

 

●マイナーアップデート・・・Ver.4.1.1 → Ver.4.1.2

セキュリティ面での改善を行ったり、プログラムに関する不具合などを改善することが目的となっています。 頻度は多く、1ヶ月に1度ほど行われることが多いです。
基本的に、軽めの改善部分や細かい機能の追加がほとんどの場合が多く、よほどのことがなければ大きな問題が発生することはありません。

 

アップデートする際に気をつけたい3つのこと

1. テーマ、プラグインが使えなくなる場合がある

WordPressをバージョンアップすることで、使用しているテーマ、プラグインが一時的に使えなくなる、または不具合が発生して正しく機能しなくなる場合があります。

アップデートには、以前のバージョンで使えていた機能、プログラムなどを一掃するという目的があります。

そうなると、これまでテーマ、プラグインで使えていた機能などが、アップデートによる仕様変更で使えなくなってしまう、ということになりますね。

利用者の多いプラグインであれば、直ちにWordPressの新バージョンに合わせて対応してくる事はあります。

ですがそうでない場合は、プラグインの詳細ページを見て、対応している最新バージョンを確認するようにしましょう。

 

2. 大幅な仕様変更に戸惑ってしまう

Ver.4 → Ver.5などのメジャーアップデートは大規模なアップデートなため、基本的な機能面やデザイン面などが大幅に変わります。

その為、慣れない機能・画面に戸惑ってしまうんですね。

最近の事例でいうと、WordPress ver5.0から登場した新エディタ、「Gutenberg(グーテンベルク)」

これまでの旧エディタと大きく使い方が変わることと、ブロックエディタであるがゆえに決して使いやすいと言えないことから、戸惑われた方も多いと思います。

ただ単にエディタが変わったというだけでなく、旧エディタで使えていた機能が使えなくなるという、一部不具合も起きました。

WordPressでは旧エディタが長い年月使われてきたため、この突然の変更に対応できない(慣れない)ユーザーはかなり多いはずです。

(注:「Classic Editor(クラシックエディタ)」というプラグインを使えば、WordPress ver4系から前の旧エディタに戻すことは可能です)

あくまでも一例ですが、上記のようにメジャーアップデートをすることで、大きく操作方法が変わることがあるので、メジャーアップデートは慎重に行う必要があります。

 

3. PHPバージョンに対してサーバーが未対応

WordPressのアップデートをして最新バージョンにしたら、ダッシュボードに「PHPの更新が必要です」と表示されたので、言われるがままにすぐPHPの更新をしてしまう方も多いです。

ですが、サーバーのPHPバージョンを変更する場合は、WordPressのWebサイトが変更後のPHPバージョンに対応しているかどうかを、事前にチェックしておく必要があります。

PHP バージョンの更新

 

仮にPHPのバージョンが対応していない状態で最新のWordPressにアップデートすると、エラーが発生してWebサイトが表示されなくなってしまいます

ただ、古いPHPバージョンを使用している場合はWordPressの管理画面に警告が表示されるため、事前に知ることが可能です。

 

誤ってアップデートをしてしまった場合の対応

仮に上記のような事柄が分からず、アップデートによる不具合が発生した場合は、プラグインを使って以前のバージョンに戻すことができます。

「WP Downgrade | Specific Core Version」という、ダウングレード用途のプラグインをインストールすれば、難しい操作なしでWordPressのバージョンを簡単にダウングレードできます。

WP Downgrade | Specific Core Version

 

ダウングレード用の唯一のプラグインと言っても良いもので実績もあり、実際に使用した経験がありますが、かなり信用できるプラグインです。

 

まとめ

WordPressのアップデートは最新のverが発表されても、まずはすぐに行わず様子を見てから行うことをお勧めします。

ポイントとしては、

●使用しているテーマ、プラグインの動作確認済みバージョンを必ずチェックすること

●最新バージョン発表後、実際に使用した人の情報を検索やtwitterなどでチェックしてからアップデートをする

●分からないことや不安があれば、WordPressでホームページを制作した業者に質問してみる

 

確かにいつまでもバージョンアップをせず、古いバージョンを使い続けることはセキュリティ面を考えたうえでも避けるべきことです。

ですが、かといって最新バージョンにすぐにアップデートをしなくても、特に起きる問題はありません。

一定の期間を置いて様子を見てからでも決して遅くはありませんので、慎重に行うことを心がけたいですね。

 

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

ブログ ホームページ活用

2021/4/10

【やりすぎ注意】ホームページに使う写真の加工・修正

もう時効だと思うので書きますが、今から5年ほど前のこと。 まだアメブロカスタマイズのみをメインサービスとして提供していた頃、お客さまとこんなやりとりがありました。 ヘッダーに使う写真とプロフィール写真ですが、私の顔のシミ、シワが目立たないように修正してください。 画像補正ですね。 承知しました。 常識の範囲内で修正いたします。三浦さん 修正後 全然直ってないじゃないですか!💢 やり直しです。 もっと加工してください いやー、これが限界です。 これ以上補正すると、逆に不自然になりますね。三浦さん そんなこと ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/4/8

【制作実績】ファイナンシャルプランナー 大澤博子様

この度、ファイナンシャルプランナー・大澤博子様のホームページを制作いたしました。   これまで多種多様の職種のホームページを作成してきましたが、制作にあたり心掛けていることの一つに、「職種のイメージを損ねないようなデザインにする」というものがあります。 例えば、これは極端な例かも知れませんが、人のメンタルケアをサポートするカウンセラーのホームページが、ゴールドやパープルのような派手な色使いのサイトだったらどうでしょう? 間違いなく明らかに逆効果ですね。 ナチュラルな優しい色使いにする。 あるいは ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/4/5

【制作実績】心が生きる「性」アドバイザー 高橋ピン子様

この度、長野県を中心に活動される、心が生きる「性」アドバイザー・高橋ピン子様のホームページを制作いたしました。 高橋さんから最初にホームページ制作をご依頼いただいたのは、今から4年ほど前。 現在とでは肩書きも活動内容も違っていた高橋さんは、最初はJimdoフリープランでホームページを制作いたしました。 今でこそWordPressでのホームページ制作のみを承っている三浦企画ですが、数年前まではJimdoを使った制作も承っていました。 Jimdoフリープランでのホームページを活用していくうちに活動内容が変わり ...

ReadMore

キャッチコピー ブログ

2021/4/5

当たり前すぎるキャッチコピーではお客さまを呼べない理由

今から20年ほど前、筆者がサラリーマン時代のお話。 国内アパレルメーカーから、外資系メーカーに転職したことがありました。 条件や待遇が良いだけでなく、やりがいもありそうだったので、即決断したんですけれども。 その時に感じたのが、さすが外資系というのは業績や人材育成など、全ての点において厳しいなー、ということでした。 売上報告一つとっても、「かなり売れてます」「お客さんが大変増えています」みたいな伝え方をしようものなら、 即怒声を浴びせられます。 「かなりではなくて、前年比で何パーセント増えているんだ?」 ...

ReadMore

お知らせ

2021/4/3

4月5日〜7日 臨時休業のお知らせ

いつも大変お世話になっております。 三浦企画は、誠に勝手ながら下記の日程を臨時休業とさせていただきます。 2021年(令和3年)4月5日(月)〜4月7日(水) 期間中はお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。 お電話をいただいた場合、留守録に切り替わりますが、お返事は4月8日(木)以降になりますことをご了承ください。 また、メールでのご連絡・お問い合わせ(LINE、messenger等含む)も受信まではできますが、お返事は同じく4月8日(木)以降になります。 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒どうぞよ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-WordPress, プラグイン, ブログ

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2021 All Rights Reserved.