キャッチコピー ブログ

当たり前すぎるキャッチコピーではお客さまを呼べない理由

今から20年ほど前、筆者がサラリーマン時代のお話。

国内アパレルメーカーから、外資系メーカーに転職したことがありました。

条件や待遇が良いだけでなく、やりがいもありそうだったので、即決断したんですけれども。

その時に感じたのが、さすが外資系というのは業績や人材育成など、全ての点において厳しいなー、ということでした。

売上報告一つとっても、「かなり売れてます」「お客さんが大変増えています」みたいな伝え方をしようものなら、
即怒声を浴びせられます。

「かなりではなくて、前年比で何パーセント増えているんだ?」

「大変増えている、ではなくて、客数の実数で増減を報告せよ」

みたいな感じですね。

 

 

個人事業主となり、自然と数値に関してはシビアになった今。

よくもまあそんなそんなアバウトな返事をしていたものだと思います。

抽象的な報告ではなく、具体的な数値で経過を示せ。

そして、改善策を述べよ。

まあ、当然といえば当然ですね。

 

自分のサービス、強みはわかっていますか?

日々お客様のホームページ制作に関わらせてもらい、制作に関しての打ち合わせ、ヒアリングを行う時。

必ず、「あなたのサービスのウリ、強みはなんですか?」ということを聞きます。

すると、

●お客さまが笑顔になれるようなサロンです。

●リラックスできて癒されて、幸せな気持ちになれるサロンです。

と、まるで20年前の筆者のような答えが返ってくるのです。

さらには、「事業主、サービス提供主としてあなたが心がけていることってなんですか?その部分をプロフィールページに載せましょう」というお話もするのですが。

「お客さまに寄り添い、親切で丁寧な対応を心がけています」と、これまた20年前の筆者のような答えが返ってきます。

 

お客さまがどうなれるか?を具体的に示すこと

●お客さまを笑顔にさせる癒しのサロンです

●親切・丁寧な対応を心がけています

日常的に見かけるフレーズで、ホームページのヘッダーキャッチコピーにもよく使われていますが、これら全て「当たり前」のことなんですね。

そうではなくて、

●なぜお客さまが笑顔になれるのか? 何を使ってお客さまを癒すのか?

●お客さまに具体的にどのような効果・成果を与えることができるのか?

という部分を、キャッチコピーで謳わなければいけないわけです。

例えば、まだ小さいお子さんが治療を受けるための歯医者を探しているとします。

 

 

「当医院は全スタッフがお子様に寄り添い、お子様が安心して治療を受けれる歯科です」では弱いわけです。

言ってみれば、それは小児歯科としては当たり前なわけで。

「当医院は女性の医師、歯科助手しか在籍しておりません。

子様の扱いに慣れた女性スタッフが治療時も治療以外時も常に傍にいて対応しますので、お子様もお母様も安心して治療に専念できます」

こう書かれていたらどうでしょう?

子供が安心して受診できる歯科を探しているお客さまには、後者の方にグッと惹きつけられることは間違いないですよね。

 

抽象的なフレーズでは、お客さまの心を掴むことはできない

ホームページやブログ、チラシなど。

当たり前のことをいかにもらしくキャッチコピーやサイト説明文(ディスクリプション)に使っていないでしょうか?

●あなたらしく 自分らしく
●幸せになれる  癒される
●なりたい自分になれる 輝く

みたいなキーワードを連発しているようでしたら要注意です。 一度見直してみましょう。

●何を使って、どうすることで「自分らしく」なれるの?
●どの方法で「幸せ」になるの?
●何を使って「癒される」の?

その部分が書かれていない、抽象的でフワッとしたフレーズでは、お客さまの心を掴むことはできません。

強みやウリを見つけて、ないようであれば作って。

その部分を打ち出したタイトルやキャッチコピーにしないと、これから先はかなり厳しくなってきます。

お客さまはもう、当たり前のことには慣れているし、感動しません。

感動しないということは、お申し込みにもお問い合わせにも繋がらない、ということですね。

 

 

そして、お客さまからみた「当たり前」のハードルが、これから先はどんどん高くなっていきます。

普通のことを普通にやっていたら、次から次へと強みを打ち出してくる同業者(社)に先を越されていきます。

 

あなたならではの、あなたにしか出せない強みをWEBサイトや名刺に打ち出すようにしてみてください。

いいものを持っているのに出し切れていないようでしたらもったいないですね。

宝の持ち腐れ状態にならないよう、気をつけたいですね。

 

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

ブログ ホームページ活用

2021/4/10

【やりすぎ注意】ホームページに使う写真の加工・修正

もう時効だと思うので書きますが、今から5年ほど前のこと。 まだアメブロカスタマイズのみをメインサービスとして提供していた頃、お客さまとこんなやりとりがありました。 ヘッダーに使う写真とプロフィール写真ですが、私の顔のシミ、シワが目立たないように修正してください。 画像補正ですね。 承知しました。 常識の範囲内で修正いたします。三浦さん 修正後 全然直ってないじゃないですか!💢 やり直しです。 もっと加工してください いやー、これが限界です。 これ以上補正すると、逆に不自然になりますね。三浦さん そんなこと ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/4/8

【制作実績】ファイナンシャルプランナー 大澤博子様

この度、ファイナンシャルプランナー・大澤博子様のホームページを制作いたしました。   これまで多種多様の職種のホームページを作成してきましたが、制作にあたり心掛けていることの一つに、「職種のイメージを損ねないようなデザインにする」というものがあります。 例えば、これは極端な例かも知れませんが、人のメンタルケアをサポートするカウンセラーのホームページが、ゴールドやパープルのような派手な色使いのサイトだったらどうでしょう? 間違いなく明らかに逆効果ですね。 ナチュラルな優しい色使いにする。 あるいは ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/4/5

【制作実績】心が生きる「性」アドバイザー 高橋ピン子様

この度、長野県を中心に活動される、心が生きる「性」アドバイザー・高橋ピン子様のホームページを制作いたしました。 高橋さんから最初にホームページ制作をご依頼いただいたのは、今から4年ほど前。 現在とでは肩書きも活動内容も違っていた高橋さんは、最初はJimdoフリープランでホームページを制作いたしました。 今でこそWordPressでのホームページ制作のみを承っている三浦企画ですが、数年前まではJimdoを使った制作も承っていました。 Jimdoフリープランでのホームページを活用していくうちに活動内容が変わり ...

ReadMore

キャッチコピー ブログ

2021/4/5

当たり前すぎるキャッチコピーではお客さまを呼べない理由

今から20年ほど前、筆者がサラリーマン時代のお話。 国内アパレルメーカーから、外資系メーカーに転職したことがありました。 条件や待遇が良いだけでなく、やりがいもありそうだったので、即決断したんですけれども。 その時に感じたのが、さすが外資系というのは業績や人材育成など、全ての点において厳しいなー、ということでした。 売上報告一つとっても、「かなり売れてます」「お客さんが大変増えています」みたいな伝え方をしようものなら、 即怒声を浴びせられます。 「かなりではなくて、前年比で何パーセント増えているんだ?」 ...

ReadMore

お知らせ

2021/4/3

4月5日〜7日 臨時休業のお知らせ

いつも大変お世話になっております。 三浦企画は、誠に勝手ながら下記の日程を臨時休業とさせていただきます。 2021年(令和3年)4月5日(月)〜4月7日(水) 期間中はお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。 お電話をいただいた場合、留守録に切り替わりますが、お返事は4月8日(木)以降になりますことをご了承ください。 また、メールでのご連絡・お問い合わせ(LINE、messenger等含む)も受信まではできますが、お返事は同じく4月8日(木)以降になります。 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒どうぞよ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-キャッチコピー, ブログ

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2021 All Rights Reserved.