ZOOM ブログ ホームページ活用

オンラインサービスが主流な今、メニューページに一工夫を

相談者・Hさん

私が提供しているサービスメニューはコロナ禍な今、オンラインを使ったものが主流になっています。

その状況を考えて、メニューページの見直しを考えているのですが、何かアドバイスがありましたら教えてください。

これだけオンラインサービスが主流になってくると、提供側はどうしても「ZOOMの使い方ぐらい、もうご存知ですよね?」と思ってしまいがちですよね。

でも、実際には初めてオンラインシステムを使われる方も多いです。

お客さまに不安を与えないためにも、しっかりとホームページでご説明・ご案内をしてあげることが大事ですね。

三浦さん

 

2020年、一気に身近となった「オンラインサービス」

セミナー、講座、コンサルティング、カウンセリング、お茶会、教室レッスンなど。

今年に入ってからというもの、コロナの影響で提供サービス内容を対面からオンラインに切り替えた方、それこそ大勢いると思います。

状況が状況なだけに、止むを得ず対面からオンラインに切り替えたものの、結果としてはオンラインの方が便利であり、お客さまから好評。

今後情勢が変わり、再び対面サービスができるようになっても、オンラインメニューを継続させよう、という方も多いと思います。

もちろん、対面サービスの良さは、オンラインでは再現できないものがあります。

実際に顔を合わせ、同じ場所で同じ空気を吸いながらコミュニケーションをとる。

ことビジネスに関して言えば、そのような「同じ時間と空間を共有する」ことによってお客様との距離が縮まり、結果としてお申し込みいただける、リピーターになっていただける、ということもあるでしょう。

ですが、2020年に入り、コロナという前代未聞の異要素が入ってきたことにより、オンラインサービスは事業主にとって、一気に身近なものになりました。

対面の良さ、素晴らしさを乗り越えるだけの「手軽さ」「気軽さ」が、オンラインにはあります。

コロナ前は、商圏を全国に広げ、オンラインで全国展開できる職種は限られている形でした。

それが今ではどのようなサービスであれ、工夫とやり方次第ではオンライン化できる形に変わったわけですね。

この傾向は、コロナが落ち着いた後も続くと思われます。

 

ライバル・同業者に大切なお客さまを奪われないために

オンラインサービスが「特別なメニュー」ではなく、「通常メニュー」となるわけですから、ホームページのメニューページも修正が必要になります。

ホームページの最大の目的として、

●お客さまを迷わせない、惑わせない、不安にさせない

という大条件があります。

オンラインサービスを受け付けているのか?

ZOOM、Skypeなど、なんのシステムを使うのか?

これまでZOOMなど、オンラインシステムは使ったことがないけど、こんな私でも大丈夫かな?

など。

そのようなお客さまの疑問に、ホームページで応えることが重要です。

 

 

これだけZOOMが浸透してくると、「今時ZOOMの使い方など知っているだろう。調べればわかることだし」と考えて、肝心なメニューページには「ZOOMを使ってのメニューになります」の一文だけで終わらせているページが目立ちます。

実際には初めてZOOMを使う、使い方がわからない、というお客さまはたくさんいらっしゃいます。

そんな時、親切に詳細をホームページに記載してあるライバル・同業者に大切なお客さまを奪われてしまう、という現象もおきます。

そうならないためにも、ホームページ内には

●当店(当方)はオンラインによる各種サービスを受け付けております。

●当店(当方)はZOOMというオンラインシステムを使用いたします。

●ZOOMの使い方が分からないという方は、事前に使い方をご案内します

という記載をしておきましょう。

 

オンラインサービス用の写真で差をつける

具体的には、ZOOMの使い方が書かれている公式サイトなど、信用のおけるサイトのリンクを貼ったり。

可能であれば、「ZOOM利用の流れ」という項目を作り、開始前までの手順を細かく記載するとなお良し、ですね。

さらにはイメージを掴んでいただくことが目的で、「このような形でZOOMを行います」という写真があると完璧ですね。

オンラインセミナー、オンラインカウンセリングなどですと一般的ですからイメージが湧きますが、オンラインヨガレッスン、オンラインメイクレッスンなどはどのように行うのか、イメージが湧きにくい部分があります。

現在ホームページを制作させていただいているお客さまは、以下のような写真を用意してあります。

 

 

 

現在、オンラインサービスを提供されている方で、これからホームページを作られる方。

このような写真を用意すると、オンラインサービスの成約率が上がるかも知れませんね。

ぜひご用意してみてください。

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

ブログ ホームページ制作実績

2022/1/25

【制作実績】横浜 少人数制ヨガ教室 佐藤笑顔瑜伽道場様

この度、横浜・少人数制ヨガ教室・佐藤笑顔瑜伽道場様のホームページを制作いたしました。   佐藤笑顔瑜伽道場(さとうえがおよがどうじょう)は、神奈川県横浜市を拠点に、対面(スタジオ)、訪問、オンラインの形式で、ヨガ・ピラティスレッスンを行っています。 ヨガの経験がない初心者から、上級者まで。 また、健常の方だけでなく、障がいをお持ちの方まで、幅広い方を対象にレッスンを行っていることが最大の特徴になります。   佐藤笑顔瑜伽道場の代表で、ヨガインストラクターの佐藤友見(ゆみ)さんは、視覚障 ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/1/22

【制作実績】養生デザイン 漢方上級スタイリスト 青木優加様 

この度、漢方上級スタイリスト・青木優加様の1ページ型ホームページを制作いたしました。   青木さんは福井県で、理学療法士・山中雄大さんと共に「養生デザイン」というサロン経営、事業を展開されています。 養生デザインについて 養生デザインについて 理学療法士と養生薬膳アドバイザーの二人からなるユニットです。 私たちは、それぞれの得意な分野と専門知識を合わせ、お客さまのカラダ全体を通して、またカラダの内側と外側の丸ごとで「無理せず、カラダをととのえる」」の実現を目指した様々な*養生(ようじょう)法をご ...

ReadMore

お知らせ

2022/1/19

1月26、27日大阪開催 ホームページ無料相談会についてのお知らせ

1月26日(水)、27日(木)に大阪で開催を予定していた出張無料ホームページ相談会ですが、新型コロナウイルス感染症対策のため、ZOOM開催に変更といたしました。 新型コロナウイルス・オミクロン株の感染が拡大し、この度の開催地である大阪府は18日、過去最多となる5396人の感染が判明し、病床使用率は29%になっているとの報道がありました。 まん延防止要請は現時点では政府にされていませんが、正式に協議しているとのことで、来週明けには発令されると思われます。 最後の最後まで開催できると信じ、良い方向に変わること ...

ReadMore

ブログ ランディングページ制作実績

2022/1/17

【制作実績】JMECA(NPO法人 日本結婚教育協会)メールマガジン ランディングページ

この度、JMECA(ジェメカ NPO法人 日本結婚教育協会)が発行するメールマガジン、「結婚教育のプロが語る あなたのお悩みを解決する結婚教育メルマガ」ランディングページを制作しました。   JMECA(ジェメカ 日本結婚教育協会)は、 ●結婚に紐づく様々な社会的課題に関連する業界の健全な発展に寄与する活動 ●子供から高齢者まで健康且つ自分らしく満足度の高い人生に寄与する事を目的とした活動 ことを目的とした、協会有資格会員が個々の技能を活かし上記の目的に即した相互支援の活動を行っているNPO法人 ...

ReadMore

ブログ 無料ホームページ相談

2022/1/14

名古屋で無料ホームページ相談会を開催いたしました

去る1月12日、定期的に開催している、対面による無料ホームページ相談会を名古屋にて開催いたしました。     名古屋開催は2019年11月以来、2年2ヶ月ぶりとなりました。 昨年1月も開催を予定していましたが、直前で緊急事態宣言が発令。 止む無く中止という決断でしたので、この度開催できてホッとしたというのが正直な感想です。 当日の名古屋地方は朝から雪が散らつくほどの寒さでしたが、3名の方にご来場いただき、無事開催できました。 寒さの中、ご来場くださったお客様に、心から深くお礼を申し上げ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ZOOM, ブログ, ホームページ活用

© 2022 三浦企画・MIU PROJECT