ブログ ホームページ構築

ホームページのTOPページに貼ってはいけないリンクとは

2020年3月12日

この度、○○協会認定講師になりまして、○○協会の公式サイトの講師紹介ページに私が載っています。

その協会のサイトのページを、私のホームページのTOPにバナーでリンクさせたいと思うのですが、どうでしょうか?

お客さまからいただいた質問です。

答えを先に書いてしまいますと、

NO! それは止めましょう。

三浦さん

ということですね。

では、なぜ止めた方が良いのでしょうか。

 

いかなる場合でもユーザーの行動を察すること

弁護士であるあなたのサイトに、「離婚問題に詳しい弁護士を探している」ユーザーが訪れました。

ユーザーはあなたのサイトに興味を持った状態でアクセスするわけですから、サイトの顔ともいうべきTOPページをくまなく閲覧します。

TOPページには詳しい内容が書かれた料金案内ページや、あなた自身のプロフィールページへ誘導するためのバナーが貼ってあります。

それらのページへ飛んでくれれば良いのですが、1日も早く離婚問題を解決したいユーザーは、ページ下部にある「○○県弁護士協会」と書かれたバナーに目を留めます。

「SNS経由でこの弁護士のサイトに来たけど、他にもいい弁護士がいるのではないか?」

そのように思ってしまうのがユーザー心理というもの。

「絶対にあなたでなければダメ、あなたに依頼したい」という強い気持ちで訪れた人でもない限り、目移りしてしまうことは仕方のないことです。

あなたのサイトを訪れるユーザは、残念ながら最初からあなたに仕事を依頼することが目的で訪れる人ばかりではありません。

「離婚問題に強い弁護士を探している」ということが大前提であれば、厳しい言い方ですがあなたでなくても良い訳です。

 

 

いかなる場合でも、「ユーザーは抱えている問題をいち早く解決したい」という気持ちで訪れているということを心掛けておきましょう。

 

「集客」目的のホームページが結果的に「送客」になってしまう

あなた自身の弁護士としての実績や評判が素晴らしいとしても。

貼ってあるバナーから弁護士協会のサイトへジャンプして、そこにたくさんの弁護士が名簿形式で載っていたら、そのサイトからあなたのサイトにユーザーが戻ってくる確率はかなり少ないものになります。

ネットサーフィンという言葉があるように、基本的にユーザーは何かを探している時は次から次へとサイトを回遊します。

同業者に負けない完璧なサイトである。

あるいは、料金面や対応面など、あらゆることで同業者に負けていない。

ということであれば再度戻ってもらえることも考えられますが、中々そうはなりません。

協会などのサイトへリンクを貼るということは、あなたのサイトを訪れてせっかく獲得しかけている顧客をみすみす逃すことになります。

もっと言ってしまえば、顧客を同業者に紹介している、ということもいえます。

集客するためにホームページを作ったのに、結果的に「送客」してしまっては元も子もありませんよね。

冒頭でいただいた質問に「NO! それは止めましょう」と答えたという理由です。

 

TOPページはシンプルに 賑やかさは必要なし

その協会のサイトが良質なサイトであれば、そこにあなたの紹介と共にあなたのWEBサイトが掲載されていて被リンクを獲得できれば。

それはあちらから「送客」していただけることになりますし、SEOの観点からも、良質なサイトからの被リンクは有利になります。

協会のサイトに掲載していただけるメリットは、その1点だけに集約しているといってもいいでしょう。

 

 

初めてホームページを作る時、どうしてもTOPページを賑やかにしたく、あれこれとたくさんのバナーを貼りたくなる気持ちもわからないでもありません。

また、「●●協会認定講師となった」という実績をアピールしたいという点でも、協会のサイトを紹介したいという部分もあるでしょう。

ですが、ホームページ本来の目的を考えた場合、必要上の賑やかさ、装飾は必要ありません。

TOPページはできるだけシンプルに。

自サイト内の各ページ・・・「メニューページ」「プロフィールページ」「アクセスページ」などへ誘導することだけを考えましょう。

もし外部サイトへのリンクを貼るとしたら、

●あなたが発行しているメールマガジンの登録サイト(LP)

●あなたが運営しているネットショップ

●あなたが出版した書籍が販売されているAmazonなどのECサイト

などに留めておくといいですね。

 

では、自分のSNSへリンクさせる、ということはどうでしょうか?

そんなお声も聞こえてそうですね。

それはまた別の機会に述べてみたいと思います。

 

せっかく獲得しかけている大切な顧客を、みすみす逃すようなことは避けるようにしたいですね。

最も重要なことは、訪れたユーザーを逃さないように徹底的に作りこんだホームページを構築すること。

魅力的で有益なサイトであれば、お客様を留めることができ、あなたのサイトのファンにすることができますから。

 

 

無料ホームページ相談は、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

ブログ 無料ホームページ相談

2022/6/20

60分から90分に時間延長 6月28日(火)・29日(水) 大阪・無料ホームページ相談会

  来る6月28日(火)・29日(水)に、大阪・無料ホームページ相談会を開催いたします。 2018年から開催を続けてきた、この対面による無料相談会。 これまで、実に80名を超える方にご参加いただけました。 実際に、無料相談会にお越しくださり、そこでホームページを作ることを決断され、現在しっかりとそのホームページから集客に結びつけている方もたくさんいらっしゃいます。   2019年11月 東京開催ご来場 行政書士 立花技術法務事務所 立花信一様  https://tachibana-of ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/3

【制作実績】千葉県八街市 桜NEXT整体院様

この度、千葉県八街市の整体院 桜NEXT整体院様のホームページを制作いたしました。 院長の片岡信彦先生とは、三浦企画がまだ現在のデザイン制作業をから、約10年のお付き合いになります。 2015年。三浦企画が当時提供していたサービスが、アメブロカスタマイズ制作サービス。 その記念すべき、最初のお客さまが片岡先生でした。 それ以来、開催するセミナー・イベントにお越しくださったり、プライベートでは食事をご一緒させてもらうなど、公私共に約10年間大変お世話になっている方です。     片岡先生 ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/2

【制作実績】京都府舞鶴市 舞vent様

この度、京都府舞鶴市の個人デザイン事務所、舞vent様のホームページを制作いたしました。 舞ventは京都府舞鶴市を拠点に、チラシ・フライヤー・パンフレット・はがきや名刺などの紙媒体デザイン、ポスティングなどのデザイン・印刷事業全般を営まれています。 代表の中道一帆さんとは、Twitterを通じて知り合い、その後交流をさせていただきました。 グラフィックデザインとWEBデザインということで、職種として専門分野は違いますが、同業者として共感することが多く。 中道さん自身、本業が大変お忙しく、自社のホームペー ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/1

【制作実績】レディース鍼灸かなめ様

この度、愛知県安城市 女性専門鍼灸施術院 レディース鍼灸かなめ様のホームページを制作いたしました。 代表・菅谷明佳さんは鍼灸あんまマッサージ指圧師、日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラーとしてご活躍。 2015年に札幌で鍼灸施術院、「レディース鍼灸かなめ」を開業。 その後、横浜へと院を移した後、この度6月に愛知県安城市に新たにオープンすることになりました。   菅谷さんと初めてお会いしたのが今から5年前の2017年6月。 その後SNSを通じて交流を続けさせていただき、この度店舗リニュー ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/5/7

【制作実績】認可外保育施設 Amica(あみーか)様

この度、埼玉県さいたま市見沼区 託児・一時預かり 認可外保育施設 Amica(あみーか)様のホームページを制作いたしました。   保育施設不足が問題となっている中、多様な保育ニーズに対応する「認可外保育施設」の需要が高まっています。   Amica(あみーか)主催の北村聡美さんは、5歳と1歳の男の子を育てながら、保育施設を運営されています。 また、認可外保育施設事業の他に、「ママのための親子教室」も提供されています。 ●赤ちゃんを抱っこしたり寝かしつけたりするときに使う、「おくるみ」の ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ブログ, ホームページ構築

© 2022 三浦企画・MIU PROJECT