キャッチコピー ブログ ホームページ活用

当たり前すぎるキャッチコピーではお客さまを呼べない理由

三浦さん
Hさんがサロン運営をしているうえで、「これだけは他のサロンに負けない!」というウリ、強みはありますか? 聞かせてください。
はい!もちろんあります! 「思わずお客さまが笑顔になれるようなサロン」「リラックスできて癒されて、幸せな気持ちになれるサロン」です! 
相談者・Hさん
三浦さん
うーん・・・ それはサロン経営者をしていくうえで当たり前のこと。 決して「ウリや強み」ではないですね。

 

 

あなたのサービスのウリ、強みはなんですか?

日々お客様のホームページ制作に関わらせてもらい、制作に関しての打ち合わせ、ヒアリングを行う時。

必ず、「あなたのサービスのウリ、強みはなんですか?」ということを聞きます。

すると、

●お客さまが笑顔になれるようなサロンです。

●リラックスできて癒されて、幸せな気持ちになれるサロンです。

というような答えが返ってくることが多いです。

さらには、「事業主、サービス提供主としてあなたが心がけていることってなんですか? その部分をプロフィールページに載せましょう」というお話もするのですが。

「お客さまに寄り添い、親切で丁寧な対応を心がけています」と、これまた平凡的な答えが返ってきます。

●お客さまを笑顔にさせる癒しのサロンです

●親切・丁寧な対応を心がけています

日常的に見かけるフレーズで、ホームページのヘッダーキャッチコピーにもよく使われていますが、これら全て「当たり前」のことなんですね。

そうではなくて、

●なぜお客さまが笑顔になれるのか? 何を使ってお客さまを癒すのか?

●お客さまに具体的にどのような効果・成果を与えることができるのか?

という部分を、キャッチコピーで謳わなければいけないわけです。

 

グッと惹きつけられる文章とは?

例えば、まだ小さいお子さんが治療を受けるための歯医者を探しているとします。

「当医院は全スタッフがお子様に寄り添い、お子様が安心して治療を受けれる歯科です」では弱いわけです。

言ってみれば、それは小児歯科としては当たり前なわけで。

 

 

当医院は女性の医師、歯科助手しか在籍しておりません。 お子様の扱いに慣れた女性スタッフが治療時も治療以外時も常に傍にいて対応しますので、お子様もお母様も安心して治療に専念できます

こう書かれていたらどうでしょう?

子供が安心して受診できる歯科を探しているお客さまには、後者の方にグッと惹きつけられることは間違いないですよね。

 

こんなキーワードを連発しているようだったら要注意

ホームページやブログ、チラシなど。

当たり前のことをいかにもらしくキャッチコピーやサイト説明文(ディスクリプション)に使っていないでしょうか?

●あなたらしく 自分らしく

●幸せになれる  癒される

●なりたい自分になれる 輝く

みたいなキーワードを連発しているようでしたら要注意です。

一度見直してみましょう。

 

●何を使って、どうすることで「自分らしく」なれるの?

●どの方法で「幸せ」になるの?

●何を使って「癒される」の?

その部分が書かれていない、抽象的でフワッとしたフレーズでは、お客さまの心を掴むことはできません。

強みやウリを見つけて、ないようであれば作って。

その部分を打ち出したタイトルやキャッチコピーにしないと、これから先はかなり厳しくなってきます。

お客さまはもう、当たり前のことには慣れているし、感動しません。

感動しないということは、お申し込みにもお問い合わせにも繋がらない、ということですね。

 

まとめ

そして、お客さまからみた「当たり前」のハードルが、これから先はどんどん高くなっていきます。

普通のことを普通にやっていたら、次から次へと強みを打ち出してくる同業者(社)に先を越されていきます。

で、実際に強みとかウリを持っているのに、それをうまく打ち出し切れていない方が多いのもまた事実です。

先日打ち合わせした方は、どう考えても同業者は誰も経験したことのない実績を持っているのに、それがブログに全く打ち出されていなかったんですね。

「もったいないですよ!」を何度も連発してしまいました。

この記事で書いてきたようなことは、既にビジネス人として当たり前のことで、もうあなたもできていると思います。

その上で、あなたならではの、あなたにしか出せない強みをホームページに打ち出すようにしてみてください。

いいものを持っているのに出し切れていないようでしたらもったいないですよ!

宝の持ち腐れ状態にならないよう、気をつけたいですね。

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

ブログ ホームページ構築 ホームページ活用

2020/11/23

ホームページにおけるフッターバーの重要性

ホームページを構成するうえで、大変重要な箇所であるのが、「メニューバー」と呼ばれるものです。 他にも、「ナビゲーションメニュー」とか、「ナビゲーションバー」「グローバルメニューバー」とも呼ばれています。 TOPページのヘッダーの上下、各ページの上部に設置することが一般的ですね。   赤枠線内が「メニューバー」になります。   ホームページからの離脱を防ぐために重要なこと そのメニューバーの役割は、ホームページにアクセスしたユーザーが、迷わずに目的の各ページまでたどり着くことを文字通り「 ...

ReadMore

ブログ ホームページ活用 顧客対応

2020/11/21

売れる店員、売れない店員。売れるブログ、売れないブログ。

サラリーマン時代、百貨店勤務をしていました。 今から30年前のことになります。 時代はバブル経済真っ只中。 今ではまったく考えられないことですが、大した努力をしなくても、店の棚に商品を並べてさえおけば、勝手にモノが売れていく時代でした。 世の中が不景気になることなんて、想像もできない時代。 収入も待遇もよく、仕事もプライベートも充実していて、毎日が楽しくて仕方ありませんでした。 あれから30年。 未だに何名かの人とはお付き合いが続いていますが、30年間まったく顔を合わせていない方の方が多いですね。 たまに ...

ReadMore

ブログ ホームページ活用

2020/11/20

気になるあのWEBサイトのカラーコード(色番号)を調べる方法

相談者・Hさん三浦さん、今度新たにホームページをリニューアルすることにしました。  イメージを一新したいので、これまでサイトで使っていたカラーを思い切って変えたいと思っています。  そこで、色々なホームページを参考に見ていて、良いと思ったサイトで使われているカラーコードを知りたいのですが、コードの調べ方がわかりません。  何か良い方法はありますか? なるほど。 例えばデザイナーさんにホームページを作ってもらうにしても、ただ「明るめのベージュ系で」と伝えるより、使いたい色のカラーコードを伝えた方が話は早いで ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2020/11/18

【制作実績】長野県上田市 ホームサロン英里人~えりーと~様

この度、長野県上田市の小顔矯正サロン、ホームサロン英里人(えりーと)様のホームページを制作いたしました。 サロンの最大のウリは、「見た目年齢を若返らせる!」下がってきたまぶたや頬をリフトアップさせる小顔矯正。 むくみ・たるみという、女性のお顔の悩みを改善し、フェイスラインがスッキリしたお顔へ導く施術が人気のサロンです。 そのことを証明するかのように、この度のホームページの「ビフォー・アフター」ページ、「お客様の声」ページには、たくさんのお客様の変化と喜びの声が掲載されています。   サロンオーナ ...

ReadMore

お知らせ 無料ホームページ相談

2020/11/17

【満席御礼】2020年12月東京開催 無料ホームページ相談会

募集を受け付けていました、2020年12月17、18日開催の、東京・無料ホームページ相談会は、おかげさまで満席となりました。 お申し込みくださりましたお客様、誠にありがとうございました。 現在、キャンセル待ちを受付中です。 無料ホームページ相談   また、来年1月の名古屋・大阪開催は、11月25日配信の公式メールマガジンで、先行受付を開始いたします。 名古屋、関西地区で相談会来場をご希望の方は、メールマガジンへのご登録をお勧めいたします。 メールマガジンへのご登録はこちらから   なお ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-キャッチコピー, ブログ, ホームページ活用

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2020 All Rights Reserved.