ブログ ホームページ活用

ホームページに必須な「お客さまの声」の効果的な集め方

相談者・Hさん
ホームページにお客様の声を載せることは必須、大事だと聞きました。 

それはわかるのですが、施術が終わってスッキリして、良い気持ちになっているお客様にアンケート用紙を差し出し、感想を書いてもらうことに抵抗があります。

せっかくリラックスした気持ちになっているお客様にアンケートをいただくのは、気分を害すのでは?と思っています。 

お客様の声をいただくのに、何か良い方法はないでしょうか?

Hさん仰るとおり、ホームページにお客様の声を載せることは大事ですね。

あくまでもお客様にご迷惑をおかけしない形でお声をいただくことを第一に考えましょう。

大丈夫です。方法はあります。

三浦さん

 

ホームページを制作するのであれば、「お客さまの声」ページは必須です。

サイトを訪れるお客さまが知りたいことは、「このサービスを受けたらどうなるか?(この商品を買ったらどうなるか?)」

「実際サービスを受けてくれた人(商品を買ってくれた人)の感想はどんななのか?」ということ、その2点だけに尽きると言ってもいいでしょう。

そこで必要になってくるのが、「お客さまの声」、なんですね。

 

 

 

接客中であってもお客様の声はいただける

Amazonで商品を購入する人は商品説明だけでなく、「カスタマーレビュー」を参照にします。

同じように、あなたのサイトを訪れてサービス購入(商品購入)を検討されている方は、お客さまの声ページを参考にします。

どれだけ豪華で綺麗なデザインのホームページを作成しても、サービス内容を事細かく記事にしても。

そこにお客さまの声がなければ、購入するうえでの説得力に欠けてしまいます。

「お客様にアンケートをお願いすると嫌がられます」

ホームページ制作のお客さまからそのように言われることがよくあります。

確かにサロンなど、お客さまが施術後で気持ちよくなっているところにアンケートを出して書いてもらうということは気が引ける行為です。

割とゆったりした時間が共有できるスペースがあるサロンでしたら、施術後にお茶をお出しして、そのタイミングで書いてもらうこともできるでしょう。

ですが、そんなサロンばかりではないことが現実です。

そんな時は施術中や、施術後のお客さまとの会話の中で「お客様の声」を聞き出しましょう。

 

 

まさか最初から最後までお客さまと一言も会話しない、という人はいないでしょうから(笑)、お客さまとの会話する貴重な時間の中で、感想を聞き出してみるんですね。

「マッサージは気持ち良かったですか?」「お料理は美味しかったですか?」と聞くと、いささか誘導尋問のような形になるので気をつけなければいけません。

お客さまが「気持ち良かったです」「美味しかったです」としか答えようのない質問ではいけませんが(笑)、あくまでもそこは自然体で、会話の流れに沿って、という形ですね。

 

実名・フルネームでなくても問題なし

お客様との会話の中で、「ホームページに載せるお客さまの声を集める」ということを頭の中に入れておくだけでも会話の内容は変わってきます。

美容室でヘッドスパを受けてくれたお客さまが「いやー、あまりにも気持ち良くて寝ちゃいましたよー」と話してくれれば、立派な1件のお客様の声です。

お教室レッスンを受けてくれた生徒さんが、「家に帰って作品を家族に見せるのが楽しみー」と語ってくれても1件の声が集まります。

1日3件お客さまを接客すれば、5日で15件、10日で30件になります。

後はそこから重複している声などを修正、抜粋するなどして、ホームページに載せれるような形にしていけばいいですね。

 

 

お客様の声というと、ある程度長文で、お客さまの顔も写真でわかって、本名の掲載もないと信憑性がないから意味がない、と考えている方もいるようですが、そんなことはありません。

お客さまの声を勝手に作り上げる、ということはあってはならないことですが、会話の中でいただいた少しの感想を形にしただけでも、立派なお客さまの声になります。

0を10に見せるのは詐欺ですが、1を5にも6にも広げて見せることはテクニックになります。

正式なアンケート用紙に記入してもらうことだけが「お客様の声」集めだと思うことなく。

意識的にお客さまとの会話を増やして、「お客様の声」ページ作りに活かしてみてくださいね。

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

WordPressの使い方 ブログ

2021/6/16

WordPressで「サーバーの負荷が高いか十分なリソースがないため画像の後処理に失敗しました」と表示された時の解決法

相談者・Hさん WordPressでブログを書いていて、画像をアップロードしようとしたとこと、「サーバーの負荷が高いか十分なリソースがないため画像の後処理に失敗しました」とエラーメッセージが出ました。 アップロードする画像サイズの大きさが原因かと思いましたが、使用しようとしている画像は、それほど大きくないサイズです。 何度やってもうまくいきません。 対処法を教えてください。 この現象は時折起こりますね。 解決方法はとても簡単なので、説明しますね。 三浦さん   画像をアップロードする際に発生する ...

ReadMore

お知らせ

2021/6/13

2021年8月ホームページ制作分 受付終了のお知らせ

三浦企画が現在提供している、ホームページ制作サービスの、2021年8月完成・納品分の受付は満席で終了とさせていただきました。 ただ、キャンセルが出る場合もありますので、その時はこちらのホームページでお知らせいたします。 キャンセル待ちのお申し込みは、こちらから受け付けております。 現在、9月制作開始分の受付を募集しております。 ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 少し先になりますが、9月制作分を現在予約受付中ですので、各制作サービスをご検討の方はお早めにご予約ください。   三浦企画 ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/6/5

【制作実績】ハンドメイドレッスン教室 Piacere(ピアチェーレ)様

この度、 和歌山市栄谷 グルーデコ・アクセサリー・可愛いハンドメイドレッスン教室 Piacere(ピアチェーレ)様のホームページを制作いたしました。     Piacere(ピアチェーレ)さんは、好きな物、身に着けたい物を形にする、小人数制のハンドメイド教室です。 趣味でハンドメイドを楽しみたい方から、講師資格を取得したい方まで、幅広いレッスンメニューを提供しています。   主宰の東容子(ひがしようこ)さんは、約10年間、デパートで販売されるブランドアクセサリー(ネックレス・ ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/6/3

【制作実績】痛かったらおいでよの女性専用整体サロン いたた整体院様

この度、 大阪寺田町徒歩2分 痛かったらおいでよの女性専用整体サロン・いたた整体院様のホームページを制作いたしました。   「背中痛・肩こり・腰痛、背骨・骨盤の歪みなど辛い痛みをゆるめて元気な体に。痛かったらおいでよ!」がいたた整体院のキャッチコピーです。   「いたた整体院」という、一度聞いたら忘れられないインパクトのある院名。 「体が、痛く(いたたたた!)なったら来てね。」 という意味合いが込められています。   痛かったらおいでよ、痛くなったら来てね、というお客様に語り ...

ReadMore

ブログ ランディングページ制作実績

2021/5/31

【制作実績】「奈良の銘木をつかったセルフメンテナンス健康法」Woodcise(ウッドサイズ) ランディングページ

この度、「奈良の銘木をつかったセルフメンテナンス健康法」、Woodcise(ウッドサイズ)のLPを制作いたしました。   木枕、腰枕といった、奈良の良質木材を使った器具でエクササイズを行う、「ウッドサイズ」。 「ウッド」と「エクササイズ」の造語になります。 これまで各器具の商品説明サイトは充実していましたが、実際のその器具を使っての運動方法を伝えるサイトがなかったとのことで、この度ご依頼いただきました。   考案者であり創始者の佐田俊弘さんによる実際のエクササイズ動画や、漫画を使っての ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ブログ, ホームページ活用

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2021 All Rights Reserved.