ブログ ホームページ活用

ホームページに必須な「お客さまの声」の効果的な集め方

相談者・Hさん
ホームページにお客様の声を載せることは必須、大事だと聞きました。 

それはわかるのですが、施術が終わってスッキリして、良い気持ちになっているお客様にアンケート用紙を差し出し、感想を書いてもらうことに抵抗があります。

せっかくリラックスした気持ちになっているお客様にアンケートをいただくのは、気分を害すのでは?と思っています。 

お客様の声をいただくのに、何か良い方法はないでしょうか?

Hさん仰るとおり、ホームページにお客様の声を載せることは大事ですね。

あくまでもお客様にご迷惑をおかけしない形でお声をいただくことを第一に考えましょう。

大丈夫です。方法はあります。

三浦さん

 

ホームページを制作するのであれば、「お客さまの声」ページは必須です。

サイトを訪れるお客さまが知りたいことは、「このサービスを受けたらどうなるか?(この商品を買ったらどうなるか?)」

「実際サービスを受けてくれた人(商品を買ってくれた人)の感想はどんななのか?」ということ、その2点だけに尽きると言ってもいいでしょう。

そこで必要になってくるのが、「お客さまの声」、なんですね。

 

 

 

接客中であってもお客様の声はいただける

Amazonで商品を購入する人は商品説明だけでなく、「カスタマーレビュー」を参照にします。

同じように、あなたのサイトを訪れてサービス購入(商品購入)を検討されている方は、お客さまの声ページを参考にします。

どれだけ豪華で綺麗なデザインのホームページを作成しても、サービス内容を事細かく記事にしても。

そこにお客さまの声がなければ、購入するうえでの説得力に欠けてしまいます。

「お客様にアンケートをお願いすると嫌がられます」

ホームページ制作のお客さまからそのように言われることがよくあります。

確かにサロンなど、お客さまが施術後で気持ちよくなっているところにアンケートを出して書いてもらうということは気が引ける行為です。

割とゆったりした時間が共有できるスペースがあるサロンでしたら、施術後にお茶をお出しして、そのタイミングで書いてもらうこともできるでしょう。

ですが、そんなサロンばかりではないことが現実です。

そんな時は施術中や、施術後のお客さまとの会話の中で「お客様の声」を聞き出しましょう。

 

 

まさか最初から最後までお客さまと一言も会話しない、という人はいないでしょうから(笑)、お客さまとの会話する貴重な時間の中で、感想を聞き出してみるんですね。

「マッサージは気持ち良かったですか?」「お料理は美味しかったですか?」と聞くと、いささか誘導尋問のような形になるので気をつけなければいけません。

お客さまが「気持ち良かったです」「美味しかったです」としか答えようのない質問ではいけませんが(笑)、あくまでもそこは自然体で、会話の流れに沿って、という形ですね。

 

実名・フルネームでなくても問題なし

お客様との会話の中で、「ホームページに載せるお客さまの声を集める」ということを頭の中に入れておくだけでも会話の内容は変わってきます。

美容室でヘッドスパを受けてくれたお客さまが「いやー、あまりにも気持ち良くて寝ちゃいましたよー」と話してくれれば、立派な1件のお客様の声です。

お教室レッスンを受けてくれた生徒さんが、「家に帰って作品を家族に見せるのが楽しみー」と語ってくれても1件の声が集まります。

1日3件お客さまを接客すれば、5日で15件、10日で30件になります。

後はそこから重複している声などを修正、抜粋するなどして、ホームページに載せれるような形にしていけばいいですね。

 

 

お客様の声というと、ある程度長文で、お客さまの顔も写真でわかって、本名の掲載もないと信憑性がないから意味がない、と考えている方もいるようですが、そんなことはありません。

お客さまの声を勝手に作り上げる、ということはあってはならないことですが、会話の中でいただいた少しの感想を形にしただけでも、立派なお客さまの声になります。

0を10に見せるのは詐欺ですが、1を5にも6にも広げて見せることはテクニックになります。

正式なアンケート用紙に記入してもらうことだけが「お客様の声」集めだと思うことなく。

意識的にお客さまとの会話を増やして、「お客様の声」ページ作りに活かしてみてくださいね。

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

ブログ ホームページ活用

2021/4/10

【やりすぎ注意】ホームページに使う写真の加工・修正

もう時効だと思うので書きますが、今から5年ほど前のこと。 まだアメブロカスタマイズのみをメインサービスとして提供していた頃、お客さまとこんなやりとりがありました。 ヘッダーに使う写真とプロフィール写真ですが、私の顔のシミ、シワが目立たないように修正してください。 画像補正ですね。 承知しました。 常識の範囲内で修正いたします。三浦さん 修正後 全然直ってないじゃないですか!💢 やり直しです。 もっと加工してください いやー、これが限界です。 これ以上補正すると、逆に不自然になりますね。三浦さん そんなこと ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/4/8

【制作実績】ファイナンシャルプランナー 大澤博子様

この度、ファイナンシャルプランナー・大澤博子様のホームページを制作いたしました。   これまで多種多様の職種のホームページを作成してきましたが、制作にあたり心掛けていることの一つに、「職種のイメージを損ねないようなデザインにする」というものがあります。 例えば、これは極端な例かも知れませんが、人のメンタルケアをサポートするカウンセラーのホームページが、ゴールドやパープルのような派手な色使いのサイトだったらどうでしょう? 間違いなく明らかに逆効果ですね。 ナチュラルな優しい色使いにする。 あるいは ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2021/4/5

【制作実績】心が生きる「性」アドバイザー 高橋ピン子様

この度、長野県を中心に活動される、心が生きる「性」アドバイザー・高橋ピン子様のホームページを制作いたしました。 高橋さんから最初にホームページ制作をご依頼いただいたのは、今から4年ほど前。 現在とでは肩書きも活動内容も違っていた高橋さんは、最初はJimdoフリープランでホームページを制作いたしました。 今でこそWordPressでのホームページ制作のみを承っている三浦企画ですが、数年前まではJimdoを使った制作も承っていました。 Jimdoフリープランでのホームページを活用していくうちに活動内容が変わり ...

ReadMore

キャッチコピー ブログ

2021/4/5

当たり前すぎるキャッチコピーではお客さまを呼べない理由

今から20年ほど前、筆者がサラリーマン時代のお話。 国内アパレルメーカーから、外資系メーカーに転職したことがありました。 条件や待遇が良いだけでなく、やりがいもありそうだったので、即決断したんですけれども。 その時に感じたのが、さすが外資系というのは業績や人材育成など、全ての点において厳しいなー、ということでした。 売上報告一つとっても、「かなり売れてます」「お客さんが大変増えています」みたいな伝え方をしようものなら、 即怒声を浴びせられます。 「かなりではなくて、前年比で何パーセント増えているんだ?」 ...

ReadMore

お知らせ

2021/4/3

4月5日〜7日 臨時休業のお知らせ

いつも大変お世話になっております。 三浦企画は、誠に勝手ながら下記の日程を臨時休業とさせていただきます。 2021年(令和3年)4月5日(月)〜4月7日(水) 期間中はお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。 お電話をいただいた場合、留守録に切り替わりますが、お返事は4月8日(木)以降になりますことをご了承ください。 また、メールでのご連絡・お問い合わせ(LINE、messenger等含む)も受信まではできますが、お返事は同じく4月8日(木)以降になります。 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒どうぞよ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ブログ, ホームページ活用

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2021 All Rights Reserved.