WordPressの使い方 ブログ

SEO対策に重要な見出しタグ(hタグ)の使い方・設置方法

 

タイトルと同じレベルの重要度の見出しタグ

ホームページやブログなど。

ほとんどのWEBコンテンツにおいて、大きさが同じ文字が等間隔で、規則正しく羅列されて書かれていることはありません。

タイトル、大見出し、中見出し、小見出し、文章、また中見出しというように、ページ内でバランスよく文字に強弱が付けられているはずです。

 

 

SEO対策において、ブログで言えば記事タイトルはとても重要な要素であることは言うまでもありません。

その記事タイトルをさらにわかりやすく、印象付けるためのアクセントとしての役割になるのが大見出し、小見出しといった「見出し」になります。

見出しはタイトルと同レベルの、重要な役割であることを覚えておきましょう。

 

見出しタグとは?

見出しタグは、その名の通り文章の見出しに付けるタグのことをいいます。

<h1>から<h6>まで6段階用意され、<h1>が大見出し(タイトルやテーマ)、<h2>が中見出し、<h3>が小見出し、<h4>〜<h6>までが超小見出しというように続きます。

数字が小さくなるほど、検索エンジンの注目度は高くなります。

h1 大見出し(タイトル)
h2 中見出し
h3 小見出し
h4〜h6 超小見出し

 

WordPressの見出しタグの設置方法

【新エディタ・グーテンベルク場合】

ビジュアルエディタで見出しにしたい文章を入力し、コピーをします。

 

ツールバーの段落選択箇所から、見出し2を選びクリックします。

 

【クラシックエディタの場合】

 

見出し2が設置されます。

 

実際のページの表示。

 

 

見出しの見方・確認方法

【新エディタ・グーテンベルクの場合】

ビジュアルエディタから、コードエディタに切り替えます。

 

見出しを設定した箇所は、<h2>~</h2>、<h3>~</h3>で囲われていることが確認できます。

 

【クラシックエディタの場合】

ビジュアルエディタから、テキストエディタに切り替えます。

 

見出しを設定した箇所は、<h2>~</h2>、<h3>~</h3>で囲われていることが確認できます。

 

なお、ほとんどのWordPressテーマでは、タイトルに自動的に<h1>が付くようになっています。

検索エンジンは、見出しタグがそのページの内容を表していると判断し、重要視すると言われています。

見出しタグの中には、サイトテーマに沿った内容のキーワードをしっかりと入れておくことが大事です。

しかし、検索エンジンが見出しタグを重要視するとはいえ、具体的にどれぐらい検索結果表示に影響があるかは明確にはされていません。

また、見出しタグを正確に順番通りに設置したとしても、劇的に検索順位が上がるということも考えにくいです。

ですが、真の意味でのSEO対策とは、ユーザーのためにわかりやすいページ構成を作ること。

そうであるならば、ユーザーが読みやすく、そのページに書かれてある内容を理解しやすくするために設置する見出しは、重要なSEO対策といえます。

検索結果順位を上げるためということではなく、ユーザー目線を意識してキーワードを盛り込んだ見出しにすることが大事になってきます。

 

見出しタグの正しい使い方・誤った使い方

誤った使い方① <h1>の多用

<h1>が検索エンジンに重要視されるからといって、ページ内の全ての見出しに<h1>を付けたり、文章全体を<h1>で挟めば良いのかというと、当然そうではありません。

一般的な文章の流れとして、「タイトル→大見出し→中見出し→小見出し→文章→中見出し→小見出し→文章・・・」というようになっているはずです。

ですので、見出しタグもその流れになっていなければ不自然です。

<h1>が効果的だからといって、多用したりすることは避けましょう。

誤った使い方② 見出しの順序に一貫性がない

WordPressのテーマで使われている見出しは、見出し2〜6(<h2>〜<h6>)まで、それぞれ装飾デザインが違うことが多いです。

ですので、「見出し3<h3>のデザインが可愛いから先に使おう」など、デザイン重視で見出しを選んでしまうと、見出しの順序が乱れます。

 

例:WordPressテーマ・AFFINGERの見出し装飾一覧

 

<h4>の見出しを先に使い、その後に<h5>が来て、さらにその後に<h2>を使ってというように、明らかに文章構造に問題があると判別された場合、検索エンジンはそのページを検索エンジンスパムと判断する場合があります。

検索エンジンは、htmlを論理構造に基づいて理解し、どの箇所が重要なのかを、htmlファイルを頼りに認識します。

誤った論理構造で記述すると、検索エンジンは理解できず、結果として評価が下がることになりますね。

<h1>タグが重要だからと多用したり、<h4>の装飾が可愛いからと<h2>より前に使ったりすると、html文書の論理構造が破綻します。

正しい順序に従って、見出しを活用するようにしましょう。

 

 

まとめ

見出しは、ユーザー・検索エンジンの両方に、コンテンツの内容を伝える重要な要素になります。

正しく的確に使用することでユーザーに見やすい内容を作ることができ、サイトの評価にもつながります。

難しいことはありません。

本記事で紹介した内容をもとに、正しい見出しの使い方を覚えてみてくださいね。

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

ブログ 無料ホームページ相談

2022/6/20

60分から90分に時間延長 6月28日(火)・29日(水) 大阪・無料ホームページ相談会

  来る6月28日(火)・29日(水)に、大阪・無料ホームページ相談会を開催いたします。 2018年から開催を続けてきた、この対面による無料相談会。 これまで、実に80名を超える方にご参加いただけました。 実際に、無料相談会にお越しくださり、そこでホームページを作ることを決断され、現在しっかりとそのホームページから集客に結びつけている方もたくさんいらっしゃいます。   2019年11月 東京開催ご来場 行政書士 立花技術法務事務所 立花信一様  https://tachibana-of ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/3

【制作実績】千葉県八街市 桜NEXT整体院様

この度、千葉県八街市の整体院 桜NEXT整体院様のホームページを制作いたしました。 院長の片岡信彦先生とは、三浦企画がまだ現在のデザイン制作業をから、約10年のお付き合いになります。 2015年。三浦企画が当時提供していたサービスが、アメブロカスタマイズ制作サービス。 その記念すべき、最初のお客さまが片岡先生でした。 それ以来、開催するセミナー・イベントにお越しくださったり、プライベートでは食事をご一緒させてもらうなど、公私共に約10年間大変お世話になっている方です。     片岡先生 ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/2

【制作実績】京都府舞鶴市 舞vent様

この度、京都府舞鶴市の個人デザイン事務所、舞vent様のホームページを制作いたしました。 舞ventは京都府舞鶴市を拠点に、チラシ・フライヤー・パンフレット・はがきや名刺などの紙媒体デザイン、ポスティングなどのデザイン・印刷事業全般を営まれています。 代表の中道一帆さんとは、Twitterを通じて知り合い、その後交流をさせていただきました。 グラフィックデザインとWEBデザインということで、職種として専門分野は違いますが、同業者として共感することが多く。 中道さん自身、本業が大変お忙しく、自社のホームペー ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/1

【制作実績】レディース鍼灸かなめ様

この度、愛知県安城市 女性専門鍼灸施術院 レディース鍼灸かなめ様のホームページを制作いたしました。 代表・菅谷明佳さんは鍼灸あんまマッサージ指圧師、日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラーとしてご活躍。 2015年に札幌で鍼灸施術院、「レディース鍼灸かなめ」を開業。 その後、横浜へと院を移した後、この度6月に愛知県安城市に新たにオープンすることになりました。   菅谷さんと初めてお会いしたのが今から5年前の2017年6月。 その後SNSを通じて交流を続けさせていただき、この度店舗リニュー ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/5/7

【制作実績】認可外保育施設 Amica(あみーか)様

この度、埼玉県さいたま市見沼区 託児・一時預かり 認可外保育施設 Amica(あみーか)様のホームページを制作いたしました。   保育施設不足が問題となっている中、多様な保育ニーズに対応する「認可外保育施設」の需要が高まっています。   Amica(あみーか)主催の北村聡美さんは、5歳と1歳の男の子を育てながら、保育施設を運営されています。 また、認可外保育施設事業の他に、「ママのための親子教室」も提供されています。 ●赤ちゃんを抱っこしたり寝かしつけたりするときに使う、「おくるみ」の ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-WordPressの使い方, ブログ

© 2022 三浦企画・MIU PROJECT