ブログ ホームページ活用

集客のためだけではないホームページの目的と役割

ホームページを持つということは、そこから集客するということが最大の目的となります。

ホームページにアクセスしてもらい、ページ内をよく読んでもらい、お申し込み・お問い合わせにつなげる。

正しい使い方だと思いますが、職種によってはただ集客だけがホームページの目的、役割ではないんですね。

 

大切なファンの方々とのコミュニケーションツールの役割

例えば、三浦企画がオフィシャルウェブサイトを作成した、シンガーソングライターの山口こうじさん。

 

シンガーソングライター 山口こうじオフィシャルWEBサイト

 

昨年から今年にかけて、新型コロナウイルス感染症の影響でライブが中止となり、オンライン有料配信に切り替えを余儀なくされる機会も増えました。

全国のファンの方にライブ中止のお知らせと、オンライン切り替えの情報を流さなければいけません。

有料配信となればチケット購入サイトへの案内、誘導も必要となります。

SNSでの案内となると、タイムラインに次ぎから次へと流れてしまい、重要な情報が「固定」されません。

山口さんはファンの方とのコミュニケーションツールとして、インフォメーションの役割として、ホームページを活用されています。

ファンクラブの会報的な使い方、ですね。

日々こまめにスタッフの方が、サイト内のライブスケジュールを更新されています。

直接集客に繋がらなくても、アーティストとしてファンの方に大事な情報を流す場として最適なホームページの使い方といえるでしょう。

 

会社の信用の証としての位置づけという目的

「個人事業専門」というフレーズを使っている三浦企画ですが、企業のホームページも制作しています。

 

アスカテクノ有限会社

 

製造工場ですから、ホームページの目的は当然集客ではありません。

リクルートであり、会社の信用の証としての位置づけであり。

今の時代、新卒の社員を採用とした場合、自社のWEBサイトを持っていない企業はまずエントリーされないと思っていいです。

当然ですよね。

その会社に興味を持って採用条件や会社の社風を知りたいのに、その情報がどこにもないわけですから。

いちいち電話やメールで問い合わせをしてくる人なはいません。

必要としている情報は、然るべき場所にきちんとある、ということが当然だと思っているからですね。

 

大きな販売機会損失とならないようにホームページを持つ

シンガーソングライターでも製造工場でも。

信用の証と、お客さまへのご案内ツールとして、ホームページはその重要な役割を果たします。

何も、集客のためだけにホームページを持つわけではないんですよね。

私は狭い地域内でビジネスをしたいんです。 ●●市内、●●町内のみ、近所の方だけ、さらにはその方の口コミ、紹介だけで充分なんです。

だからホームページは必要ないです。 名刺とチラシがあれば十分なんで

時折、そのようなお話をされる方と出会うことがあります。

それにしても、ビジネスであるならば、規模の大小はあれども、お客さまを集めなければいけないわけです。

地域の集まりでチラシを配ったとして、すぐその場でビジネスが成立しないことは誰にでもわかりますよね。

チラシや名刺はあくまでも「知ってもらうきっかけ」の一つのツールに過ぎません。

チラシや名刺を見た人が次に起こすアクションはなんでしょう?

「もっと詳しく内容を知りたい」となるはずです。

ホームページがないと、チラシや名刺を配ってせっかく興味を持ってもらっても、そこから先に繋がる術がないんですね。

先述したように、いちいち電話やメールで問い合わせをしてくる人はいないですよね。

よほど魅力的なサービス内容ではない限り、お客さまは面倒なハードルを乗り越えてお問い合わせはしてきません。

 

 

さらには口コミで集客したい時も同じ事です。

「ウチは口コミだけで商売が成り立っているからホームページは必要ない」という方もいますが、実際にはその逆になります。

口コミで広めたいなら、ホームページは必須なんですね。

例えば友人に、「腰が痛くて困っててね、どこか良い整体院、知らない?」と聞かれたとします。

良い整体院を知っていて、勧めたいとしても、一から十まで詳しく説明はしないですよね。

ざっと説明して、「後はホームページを見てみて」となると思います。

でもそこで、その整体院のホームページがなかったら・・・

友人は「ホームページがないのであれば詳しい情報もわからないし、第一信用できない」となってしまいます。

大きな販売機会損失ですよね。

今の時代、ホームページを持っていないということは大きな販売機会損失だけでなく、ビジネス人として信用されない証となります。

 

まとめ

これまで書いてきたとおり、ホームページを持つ重要な意味は、何も集客のためだけではありません。

ビジネス人として社会人として、堂々と胸を張れるように。

お客さまから信頼を得るためにも、まだホームページを持っていない方はすぐにでも制作し、お客さまからの信用を得るビジネス人になりましょう。

 

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

ブログ ホームページ制作実績

2022/1/25

【制作実績】横浜 少人数制ヨガ教室 佐藤笑顔瑜伽道場様

この度、横浜・少人数制ヨガ教室・佐藤笑顔瑜伽道場様のホームページを制作いたしました。   佐藤笑顔瑜伽道場(さとうえがおよがどうじょう)は、神奈川県横浜市を拠点に、対面(スタジオ)、訪問、オンラインの形式で、ヨガ・ピラティスレッスンを行っています。 ヨガの経験がない初心者から、上級者まで。 また、健常の方だけでなく、障がいをお持ちの方まで、幅広い方を対象にレッスンを行っていることが最大の特徴になります。   佐藤笑顔瑜伽道場の代表で、ヨガインストラクターの佐藤友見(ゆみ)さんは、視覚障 ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/1/22

【制作実績】養生デザイン 漢方上級スタイリスト 青木優加様 

この度、漢方上級スタイリスト・青木優加様の1ページ型ホームページを制作いたしました。   青木さんは福井県で、理学療法士・山中雄大さんと共に「養生デザイン」というサロン経営、事業を展開されています。 養生デザインについて 養生デザインについて 理学療法士と養生薬膳アドバイザーの二人からなるユニットです。 私たちは、それぞれの得意な分野と専門知識を合わせ、お客さまのカラダ全体を通して、またカラダの内側と外側の丸ごとで「無理せず、カラダをととのえる」」の実現を目指した様々な*養生(ようじょう)法をご ...

ReadMore

お知らせ

2022/1/19

1月26、27日大阪開催 ホームページ無料相談会についてのお知らせ

1月26日(水)、27日(木)に大阪で開催を予定していた出張無料ホームページ相談会ですが、新型コロナウイルス感染症対策のため、ZOOM開催に変更といたしました。 新型コロナウイルス・オミクロン株の感染が拡大し、この度の開催地である大阪府は18日、過去最多となる5396人の感染が判明し、病床使用率は29%になっているとの報道がありました。 まん延防止要請は現時点では政府にされていませんが、正式に協議しているとのことで、来週明けには発令されると思われます。 最後の最後まで開催できると信じ、良い方向に変わること ...

ReadMore

ブログ ランディングページ制作実績

2022/1/17

【制作実績】JMECA(NPO法人 日本結婚教育協会)メールマガジン ランディングページ

この度、JMECA(ジェメカ NPO法人 日本結婚教育協会)が発行するメールマガジン、「結婚教育のプロが語る あなたのお悩みを解決する結婚教育メルマガ」ランディングページを制作しました。   JMECA(ジェメカ 日本結婚教育協会)は、 ●結婚に紐づく様々な社会的課題に関連する業界の健全な発展に寄与する活動 ●子供から高齢者まで健康且つ自分らしく満足度の高い人生に寄与する事を目的とした活動 ことを目的とした、協会有資格会員が個々の技能を活かし上記の目的に即した相互支援の活動を行っているNPO法人 ...

ReadMore

ブログ 無料ホームページ相談

2022/1/14

名古屋で無料ホームページ相談会を開催いたしました

去る1月12日、定期的に開催している、対面による無料ホームページ相談会を名古屋にて開催いたしました。     名古屋開催は2019年11月以来、2年2ヶ月ぶりとなりました。 昨年1月も開催を予定していましたが、直前で緊急事態宣言が発令。 止む無く中止という決断でしたので、この度開催できてホッとしたというのが正直な感想です。 当日の名古屋地方は朝から雪が散らつくほどの寒さでしたが、3名の方にご来場いただき、無事開催できました。 寒さの中、ご来場くださったお客様に、心から深くお礼を申し上げ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ブログ, ホームページ活用

© 2022 三浦企画・MIU PROJECT