WordPressの使い方 サイトヘルス ブログ

WordPressのサイトヘルス改善項目 「停止中のテーマの削除」

WordPressはver5.2以降、「サイトヘルス」という機能が新しく追加されました。

 

WordPressで作成したサイトに何らかの問題点がある場合、改善点が項目に別れて表示されます。

今日はその表示される改善点の中から、「停止中のテーマを削除してください」という項目についての対処法を説明いたします。

 

 インストール時にデフォルトで複数のテーマがインストールされている

WordPressをホームページ、ブログなどのWEBサイトとして使用する場合、テーマを使って作成することになります。

そのテーマはオリジナルのものを作成することもできますが、無料・有料で提供されているものを使用することが一般的です。

WordPressには予め、デフォルトで WordPressで用意されたテンプレートがインストールされています。

ダッシュボードの「外観」から「テーマ」を選択すると、現在 WordPressにインストールしているテーマが一覧となって表示されます。

 

表示されたレイアウトで、左上が現在使用しているテーマの表示になります。

「有効」と表示されます。

 

その他の箇所に表示されているのが、 予めインストールされているテーマの数々です。

 

不要なテーマの削除と注意点

このような状態で、使用しているテーマ以外を削除せずに残しておくと、「停止中のテーマを削除してください」という項目がサイトヘルスに表示されます。

 

指示通り削除するわけですが、ここで注意したいのが全てのテーマを削除してはいけないということです。

WordPressでは現在使用しているテーマに何らかの不具合があり、万が一使用できなくなった場合の対応策として、一つだけテーマを残すことを推奨しています。

そうすることで使用中のテーマが仮に使えなくなっても、残しておいたテーマにWEBサイトの内容が保存されるので、最悪全てのデータを紛失するという事態を防げる、ということですね。

 

デフォルトテーマは「Twenty Twenty-one」「Twenty Twenty」「Twenty Nineteen」というように、提供された年の英語の西暦がテーマ名となっています。

この中から最新テーマ、「Twenty Twenty-one」を削除せずに残します。

 

「Twenty Twenty-one」以外のテーマは、全て削除しましょう。

 

不要なテーマの削除の仕方

削除したいテーマにカーソルを合わせると、「テーマの詳細」と表示されるので、クリックします。

 

テーマの詳細が表示されますので、右下の「削除」箇所をクリックして、削除完了です。

 

 

未使用のテーマもバージョンアップ時には更新する

一つ残すこととなった未使用の WordPressの最新デフォルトテーマは、未使用であってもテーマのバージョンアップ時には、「更新」を促す表示がされます。

 

「更新」をクリックして、完了させましょう。

 

使っていないテーマだからと更新しない状態でいると、今度はサイトヘルスに以下のような改善項目が表示されます。

 

使用していないテーマであっても、バージョンアップ時には更新するようにいたしましょう。

 

テーマは使用中のテーマと更新された状態のデフォルトテーマ、2つだけが残っている。

最終的にこのような形になっていれば、問題ありません。

 

 

以上、WordPressのテーマ使用の構造を理解して、対応するようにしてみてください。

 

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

ブログ 無料ホームページ相談

2022/6/20

60分から90分に時間延長 6月28日(火)・29日(水) 大阪・無料ホームページ相談会

  来る6月28日(火)・29日(水)に、大阪・無料ホームページ相談会を開催いたします。 2018年から開催を続けてきた、この対面による無料相談会。 これまで、実に80名を超える方にご参加いただけました。 実際に、無料相談会にお越しくださり、そこでホームページを作ることを決断され、現在しっかりとそのホームページから集客に結びつけている方もたくさんいらっしゃいます。   2019年11月 東京開催ご来場 行政書士 立花技術法務事務所 立花信一様  https://tachibana-of ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/3

【制作実績】千葉県八街市 桜NEXT整体院様

この度、千葉県八街市の整体院 桜NEXT整体院様のホームページを制作いたしました。 院長の片岡信彦先生とは、三浦企画がまだ現在のデザイン制作業をから、約10年のお付き合いになります。 2015年。三浦企画が当時提供していたサービスが、アメブロカスタマイズ制作サービス。 その記念すべき、最初のお客さまが片岡先生でした。 それ以来、開催するセミナー・イベントにお越しくださったり、プライベートでは食事をご一緒させてもらうなど、公私共に約10年間大変お世話になっている方です。     片岡先生 ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/2

【制作実績】京都府舞鶴市 舞vent様

この度、京都府舞鶴市の個人デザイン事務所、舞vent様のホームページを制作いたしました。 舞ventは京都府舞鶴市を拠点に、チラシ・フライヤー・パンフレット・はがきや名刺などの紙媒体デザイン、ポスティングなどのデザイン・印刷事業全般を営まれています。 代表の中道一帆さんとは、Twitterを通じて知り合い、その後交流をさせていただきました。 グラフィックデザインとWEBデザインということで、職種として専門分野は違いますが、同業者として共感することが多く。 中道さん自身、本業が大変お忙しく、自社のホームペー ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/1

【制作実績】レディース鍼灸かなめ様

この度、愛知県安城市 女性専門鍼灸施術院 レディース鍼灸かなめ様のホームページを制作いたしました。 代表・菅谷明佳さんは鍼灸あんまマッサージ指圧師、日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラーとしてご活躍。 2015年に札幌で鍼灸施術院、「レディース鍼灸かなめ」を開業。 その後、横浜へと院を移した後、この度6月に愛知県安城市に新たにオープンすることになりました。   菅谷さんと初めてお会いしたのが今から5年前の2017年6月。 その後SNSを通じて交流を続けさせていただき、この度店舗リニュー ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/5/7

【制作実績】認可外保育施設 Amica(あみーか)様

この度、埼玉県さいたま市見沼区 託児・一時預かり 認可外保育施設 Amica(あみーか)様のホームページを制作いたしました。   保育施設不足が問題となっている中、多様な保育ニーズに対応する「認可外保育施設」の需要が高まっています。   Amica(あみーか)主催の北村聡美さんは、5歳と1歳の男の子を育てながら、保育施設を運営されています。 また、認可外保育施設事業の他に、「ママのための親子教室」も提供されています。 ●赤ちゃんを抱っこしたり寝かしつけたりするときに使う、「おくるみ」の ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-WordPressの使い方, サイトヘルス, ブログ

© 2022 三浦企画・MIU PROJECT