ブログ ホームページ活用

ホームページからお申し込みが入らない原因と対策

現在、対面とオンライン(ZOOM)の両方でホームページ無料相談を行っていますが、相談を聞いていると、いきなり主要ページを全部作り変えたい、と仰る方が結構いらっしゃいます。

サービス内容が大きく変わったり、メニュー内容が改定されるなどであれば全体を変更する必要は確かにあります。

ですが、サービスやメニューに大きな変更点がないのであれば、現状の問題点を分析して、そこから出た答えを修正するだけで成果が表れるものです。

問題点の分析というのは、

A.口コミ・紹介など、リアルからの集客・売上は順調だけど、ホームページからのお申し込みが少ない(ない)

B.ホームページからのお申し込みを含め、全体的に売上、業績が落ちている

というような、売上が上がらない原因がホームページにあるのか、そうではなくサービス全体に問題があるのか。

さて、どちらでしょう?

 

 

ホームページにおける「購買心理」とは?

お話を聞いていると、当方に相談をされる方はAの方が多いです。

Bという方は、ビジネスコンサルタントにご相談された方が良いと思います(笑)

Aの場合、ホームページ内の各ページのどこかに、お申し込みが入らない原因が含まれています。

例えば、メニューページでいうとコース名と金額だけが表示されていて、内容が詳しく書かれていないとか。

あるいは内容は書かれているけれど、文章だけで画像がなくてサービス内容がわかりづらいとか。

お客さまはわかりにくいもの、内容が伝わらないものにはお申し込みはしません。

 

 

このお店のサービスは具体的にどのような感じで行い、どのような成果を得ることができるのか。

その部分がハッキリとホームページから伝わってくれば、お申し込みをしてみよう、ということになります。

それが「購買心理」というものなんですね。

 

お客さまに安心感が伝わればお申し込みに繋がる確率が高い

サロンでいえば、文字だけで「施術前にカウンセリングをします」「◯◯という器具を使って施術します」と書かれていても、実際どのような形で行われるのかというイメージが沸きません。

ですが、そこに実際の施術時と同じ画像を使って説明するだけで、グンと伝わりやすくなります。

動画でしたらさらに良いですね。

このお店のサービス(施術)はこのような形で行われるんだ、ということがわかれば、安心感に繋がっていきます。

安心感が伝われば、そこからお申し込みに繋がるケースが多くなります。

ホームページからお申し込みが入らないという方は今一度、ホームページ内の各ページの見直しを強化してみてください。

 

 

メニューページだけでなく、アクセスページも同じですね。

住所とGoogleMAPを貼り付けて終わり、ということではなく、駅からの道順を画像と矢印のイラストなどを使って、誰でも道に迷うことなく辿り着けるようにすること。

たかが画像、されど画像です。

こうした一手間・二手間をかけるかかけないかで、お申し込み率は変わってきます。

実際にホームページから順調に集客できている方というのは、その見せ方・伝え方がしっかりとできています。

もしホームページからのお申し込みがないことでお悩みでしたら、ぜひ一度各ページを見直してみてください。

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ブログ, ホームページ活用

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2020 All Rights Reserved.