ブログ 三浦企画から 三浦猛から

いつまでアメブロをホームページ代わりに使いますか?

ホームページを持つということは、そこから集客するということが最大の目的となります。

ホームページにアクセスしてもらい、ページ内をよく読んでもらい、お申し込み・お問い合わせにつなげる。

正しい使い方だと思いますが、職種によってはただ集客だけがホームページの目的ではないんですね。

例えば、当方が以前オフィシャルウェブサイトを作成した、シンガーソングライターの山口こうじさん。

 

 

今年の音楽活動はコロナの影響でライブが軒並み中止となり、オンライン有料配信に切り替えを余儀なくされました。

全国のファンの方にライブ中止のお知らせと、オンライン切り替えの情報を流さなければいけません。

有料配信となればチケット購入サイトへの案内、誘導も必要となります。

SNSでの案内となると、タイムラインに次ぎから次へと流れてしまい、重要な情報が「固定」されません。

山口さんはファンの方とのコミュニケーションツールとして、インフォメーションの役割として、ホームページを活用されています。

ファンクラブの会報的な使い方、ですよね。

日々こまめにスタッフの方が、サイト内のライブスケジュールを更新されています。

直接集客に繋がらなくても、アーティストとしてファンの方に大事な情報を流す場として使われているんですね。

 

 

信用の証と、お客様へのご案内ツールとしての役割

一方、今年は個人事業主の他に、企業のホームページも制作いたしました。

 

 

製造工場ですから、ホームページの目的は当然集客ではないですよね。

リクルートであったり、会社の信用の証としての位置づけであったり。

今の時代、新卒の社員を採用とした場合、自社のWEBサイトを持っていない企業はまずエントリーされないと思っていいです。

当然ですよね。

その会社に興味を持って採用条件や会社の社風を知りたいのに、その情報がどこにもないわけですから。

いちいち電話やメールで問い合わせをしてくる人なんていません。

必要としている情報は、然るべき場所にきちんとある、ということが当然だと思っていますので。

シンガーソングライターでも製造工場でも。

信用の証と、お客さまへのご案内ツールとして、ホームページはその重要な役割を果たします。

何も、集客のためだけにホームページを持つわけではないんですよね。

 

口コミを広めたいならホームページは必須

「私は狭い地域内でビジネスをしたいんです。 ●●市内、●●町内のみ、近所の方だけ、さらにはその方の口コミ、紹介だけで充分なんです。

だからホームページは必要ないです。

名刺とチラシがあれば十分なんで」

たまにこのようなお話をされる方と出会うことがあります。

それにしたって、ビジネスであるならば、規模の大小はあれども、お客さまを集めなければいけないわけです。

地域の集まりでチラシを配ったとして、すぐその場でビジネスが成立しないことは誰にでもわかりますよね。

チラシや名刺はあくまでも「知ってもらうきっかけ」の一つのツールに過ぎません。

チラシや名刺を見た人が次に起こすアクションはなんでしょう?

「もっと詳しく内容を知りたい」となるはずです。

ホームページがないと、チラシや名刺を配ってせっかく興味を持ってもらっても、そこから先に繋がる術がないんですね。

先述したように、いちいち電話やメールで問い合わせをしてくる人はいないですよね。

よほど魅力的なサービス内容ではない限り、お客さまは面倒なハードルを乗り越えてお問い合わせはしてきません。

 

 

さらには口コミで集客したい時も同じ事です。

「ウチは口コミだけで商売が成り立っているからホームページは必要ない」という方もいますが、実際にはその逆になります。

口コミで広めたいなら、ホームページは必須なんですね。

例えばあなたが友人に、「腰が痛くて困っててね、どこか良い整体院、知らない?」と聞かれたとします。

良い整体院を知っていて、勧めたいとしても、一から十まで詳しく説明はしないですよね。

ざっと説明して、「後はホームページを見てみて」となると思います。

でもそこで、その整体院のホームページがなかったら・・・

友人は「ホームページがないのであれば詳しい情報もわからないし、第一信用できない」となってしまいます。

大きな販売機会損失ですよね。

 

 

アメブロがあるからホームページはいらないという大きな過ち

今の時代、ホームページを持っていないということは大きな販売機会損失だけでなく、ビジネス人として信用されない証となります。

そのことに気づかず、「私にはアメブロがあるからホームページがあるからいいや」となっている人が相変わらず多いです。

コロナ禍をきっかけに、雨後のタケノコのように「アメブロコンサルタント」が増えています。

その方たちがどんな教えをしているのか知りませんが、「アメブロがあればホームページはいらない」と教わっているのであれば、それは大きな間違いになります。

断言しても良いです。

「私はホームページは持っていません。アメブロがありますから」

と話して、「ああ、そうですか」となるのはアメブロを使っている人だけですから。

一般のお客様に対しては、絶対にそうはなりません。

SNS頑張ってます! ブログも毎日更新してます! でもホームページはまだありません。

SNS、ブログで事は足りているので、ホームページはまだいいかな、みたいな方。

自分が客になった立場でよく考えてみてください。

例えばあなたがお子さんを、新しくピアノ教室に通わせたいと考えたとします。

 

 

「体験レッスンは、こちらFacebook(Instagram)からお申込みください」

「レッスンメニューはブログ(アメブロ)に詳しく書いてありますので、そちらをご覧ください」

みたいな教室に、大事なお子さんを通わせたいと思うでしょうか?

どんなにブログにピアノが上達するためのテクニック記事を量産したとしていても。

SNSにレッスンに関する詳細の投稿をしたとしても。

ブログやSNSのメッセージ機能を使ってお申し込みするお客様なんているでしょうか?

そんな、友だちにメッセージを送るような感覚でお申し込みしよう、なんて思うでしょうか?

ちゃんとしたホームページを持っていないような教室に、大切な子供を預けることなんてできない。

そのように思われる方が大半だと思います。

ところが、それがいざ自分のホームページのこととなると、そうは思えない。

ホームページって業者に依頼するとお金かかるし、自分で作ると大変で面倒くさいし。

アメブロとSNSがあれば、そこを使ってお客さんを集めればいいよね、なんて考えている人があまりにも多いです。

自分が客の立場になればホームページの必要性と重要性がわかるのに。

事業主の立場になると、「別にホームページはなくてもいいよね」となってしまう。

もし、そんな感覚が抜けきれないのだとしたら、大きな問題だと思います。

 

まとめ

まだ開業前の人でしたら、アメブロ、SNSだけでも問題ありません。

まだお店を開く前の段階・・・ 開店前の段階ですからショーケースもレジもなくていいですよね。

例えば今から半年後の来年の夏前にお店を開業すると決めたとします。

そうしたらその半年間、アメブロやSNSを使って情報発信して、見込み客を集める。

半年の間にホームページを用意する。

開店の段階になったら、ホームページがあり、見込み客も集まっている。

そういう流れだったらわかります。

ですが、すでにビジネスを始めているのにも関わらず。

「コンサルタントからホームページは後でいいから、まずはブログとSNSに力を入れなさい」と言われたのでそうしています、みたいな。

誰が言ったとか誰に言われたとか関係なく、常識で考えればわかることなのに、なんでそんなことがわからないのだろう?と思います。

これまで書いてきたとおり、ホームページを持つ重要な意味は、何も集客のためだけではありません。

ビジネス人として社会人として、堂々と胸を張れるように。

お客さまから信頼を得るためにも、ホームページを持ちましょうね。

 

 

今年も間も無く終ろうとしています。

ですが、来年こそホームページを持とうと思っても遅くはありません。

まだホームページを持っていない方は今から準備をして、お客さまからの信用を得るビジネス人になりましょう。

 

三浦企画では、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を無料で承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

 

 

 

ブログ 無料ホームページ相談

2022/6/20

60分から90分に時間延長 6月28日(火)・29日(水) 大阪・無料ホームページ相談会

  来る6月28日(火)・29日(水)に、大阪・無料ホームページ相談会を開催いたします。 2018年から開催を続けてきた、この対面による無料相談会。 これまで、実に80名を超える方にご参加いただけました。 実際に、無料相談会にお越しくださり、そこでホームページを作ることを決断され、現在しっかりとそのホームページから集客に結びつけている方もたくさんいらっしゃいます。   2019年11月 東京開催ご来場 行政書士 立花技術法務事務所 立花信一様  https://tachibana-of ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/3

【制作実績】千葉県八街市 桜NEXT整体院様

この度、千葉県八街市の整体院 桜NEXT整体院様のホームページを制作いたしました。 院長の片岡信彦先生とは、三浦企画がまだ現在のデザイン制作業をから、約10年のお付き合いになります。 2015年。三浦企画が当時提供していたサービスが、アメブロカスタマイズ制作サービス。 その記念すべき、最初のお客さまが片岡先生でした。 それ以来、開催するセミナー・イベントにお越しくださったり、プライベートでは食事をご一緒させてもらうなど、公私共に約10年間大変お世話になっている方です。     片岡先生 ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/2

【制作実績】京都府舞鶴市 舞vent様

この度、京都府舞鶴市の個人デザイン事務所、舞vent様のホームページを制作いたしました。 舞ventは京都府舞鶴市を拠点に、チラシ・フライヤー・パンフレット・はがきや名刺などの紙媒体デザイン、ポスティングなどのデザイン・印刷事業全般を営まれています。 代表の中道一帆さんとは、Twitterを通じて知り合い、その後交流をさせていただきました。 グラフィックデザインとWEBデザインということで、職種として専門分野は違いますが、同業者として共感することが多く。 中道さん自身、本業が大変お忙しく、自社のホームペー ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/6/1

【制作実績】レディース鍼灸かなめ様

この度、愛知県安城市 女性専門鍼灸施術院 レディース鍼灸かなめ様のホームページを制作いたしました。 代表・菅谷明佳さんは鍼灸あんまマッサージ指圧師、日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラーとしてご活躍。 2015年に札幌で鍼灸施術院、「レディース鍼灸かなめ」を開業。 その後、横浜へと院を移した後、この度6月に愛知県安城市に新たにオープンすることになりました。   菅谷さんと初めてお会いしたのが今から5年前の2017年6月。 その後SNSを通じて交流を続けさせていただき、この度店舗リニュー ...

ReadMore

ブログ ホームページ制作実績

2022/5/7

【制作実績】認可外保育施設 Amica(あみーか)様

この度、埼玉県さいたま市見沼区 託児・一時預かり 認可外保育施設 Amica(あみーか)様のホームページを制作いたしました。   保育施設不足が問題となっている中、多様な保育ニーズに対応する「認可外保育施設」の需要が高まっています。   Amica(あみーか)主催の北村聡美さんは、5歳と1歳の男の子を育てながら、保育施設を運営されています。 また、認可外保育施設事業の他に、「ママのための親子教室」も提供されています。 ●赤ちゃんを抱っこしたり寝かしつけたりするときに使う、「おくるみ」の ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ブログ, 三浦企画から, 三浦猛から

© 2022 三浦企画・MIU PROJECT