ブログ ホームページ構築

2020年「たかがホームページ」ではなく「されどホームページ」という考えで

2020年1月3日

2020年が明けました。

今年一年のビジネスの目標を立てられる方も多いと思います。

その中には、「今年こそ独自ドメインのホームページを持とう!」と決意される方も多いでしょう。

すこし意地悪な質問ですが、その決意、昨年もされていませんでしたか?

年頭に決意したものの、結局手つかずで、気づいたら一年が終わってしまったという方も多いのではないでしょうか?

では、なぜそのようなことになってしまうのでしょう。

年の初めに、一緒に考えてみませんか?

 

なければいけないモノと、なくても困らないモノ

ホームページを作りたいけれど作れない、後回しにしてしまう人の考えの一つとして、

ホームページがなくてもブログ、SNS、メルマガなどでビジネスが成り立っている

というものがあると思います。

無料ブログサービスやSNSでフォロワーを増やし、同じく無料ブログサービスで記事としてメニューページを作り、募集ページを作り、そこへ誘導する。

無料フォームサービスで作ったお申し込みフォームからお客さまを募る。

これだけで十分ビジネスとして成り立っているし、お客さまにも迷惑をかけていない。

全部無料ブログサービスで賄えるんだからホームページなんて必要ない。

実際にそのように考えている方、実に多いです。

 

 

確かにその形でもビジネスは成功します。

「何が悪いの?」と仮に言われたとしても、返す言葉がありません(笑)

本人がそれでよければ良いんじゃない?と言ってしまえばそれまでですが、ビジネスをしているのであれば、もう一歩踏み込んで考えてみましょう。

確かにホームページは「なくても困らないモノ」かも知れません(筆者はそうは思っていませんが)。

ですが、「なくても困らないモノ状態」がいつまで続くかはわかりません。

ビジネスを続けていれば、今は困っていなくても必要に応じて必ずホームページが必要になる時がやってきます。

ホームページが「なくても困らないモノ」から「なければいけないモノ」になる時がくる、という話です。

 

ホームページがなければ信用されないという事例

以下に挙げる事例は、昨年実際にいただいたものです。

念願だった出版という夢が叶うことになったが、出版社からオリジナルWEBサイトがないようでは話にならないからすぐ開設するように言われた。

公的機関を相手に取引を始めたいと考え交渉に当たったが、ホームページがないということで却下された。

思いがけないビッグネームの方とビジネスコラボをする話をいただいたが、ビジネスパートナーとして最低限自分のWEBサイトぐらいは持っていてほしいと言われた。

これらのことが意味することは、「ビジネスを行う上で、ホームページがないと信用されない」ということになります。

2020年。いつどこで、大きなビジネスチャンスが訪れるかわかりません。

今は必要ないからいらないではなく、必要な時が必ず来るから早いうちに作っておく。

そういう考え、大事だと思いませんか?

もっと言えば、ビジネス人として成功するために、常に先の状態を視野に入れることはとても重要だということです。

きちんとしたビジネスを成立させて顧客を持ち、業績も順調に言っているのであれば、後はホームページを持つだけですよね。

「ホームページがなくてもうまくいっているからいいや」ではなく、「ここでホームページを持てばさらにビジネスは加速する」という考えに転換できるかどうか。

その重要性と必要性に早く気づき、行動に移す人とそうでない人とでは、2020年は大きな差が付くと思います。

 

常識的なことから目を背けない

●無料ブログサービスはいつ終了するかわからない

●ブログとホームページがそれぞれ目的が違う

●異業種交流会などで配る名刺には、できれば無料ブログサービスのURLではなく、独自ドメインのURLを載せたい

まだホームぺージを持たないでビジネスを続けられている人の中には、もう既に上記のようなことは十分に理解している、という方もいるでしょう。

わかってはいるけど、できていない。

だとしたら、そのいわゆる「常識的なこと」から目を背けないで、現実をしっかりと見つめて行動に移すことが大事ですね。

 

 

ビジネス人として、本物しか生き残ることができなくなると言われている2020年。

たかがホームページではなく、されどホームページです。

ホームページがビジネス人としての真価を問われる重要なパーツである、ということを強く意識してみてください。

 

ホームページは完成させなければ意味がない

一歩踏み込んで、ホームページを作る決心をして作り始めた。

でも、制作開始から半年以上経ってもまだ完成しない、という人もいるかと思います。

でも、残念ながら、

ホームページ制作に取り掛かっても、途中で挫折して未完成のまま長期間放置

という現状では、ホームページをまだ持っていない人と同じである、ということが言えます。

 

 

肝心要なホームページが出来上がっていない、完成していない、世に公開されていないという状態なのですから、当然ですね。

厳しい言い方ですが、完成させない以上、ホームページを作ろうと思っても作れない人と同じだということになります。

ホームページは完成させなければ意味がありません。

「今作ってますけど途中なんです」という状態から早く抜け出しましょう。

繰り返しますが、ホームページは完成して、公開してみて初めて、最初の目的を果たすということですので、既に取り掛かって未完成の方は、一日も早く完成させましょう。

 

三浦企画の無料ホームページ相談では、今年こそホームページを作りたい方、完成させたい方からのご相談を承っております。

現在、オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ブログ, ホームページ構築

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2020 All Rights Reserved.