ブログ ホームページ活用

ホームページのTOPページ「お知らせ」機能の活用

2019年12月29日

毎年この時期になりますと、年末年始の休業について、お客さまに知らせることが大事になってきます。

 

 

実店舗の方は店内にPOPで表示させたり、DMを打ったり。

LINEで顧客に知らせる、という形もあります。

同じように、ホームページでもそのことを知らせる必要性があります。

WordPressには、メニュー・プロフィール・アクセスなどの各ページに使う「固定ページ」の他に、ブログを書く「投稿ページ」という機能がありますので、その投稿ページに休業などのお知らせについて記事にするといいですね。

※テーマによっては、「投稿ページ」の他に、「お知らせ」というページ機能が備わっているものもあります。

さらには、これもテーマによりますが、ほとんどのものに、TOPページに「お知らせ」を表示させる機能がついています。

そこできちんと、インフォメーションとして表示させるようにしましょう。

役割 クレーム回避にも繋がる

お客さまによっては、例え大晦日でも元旦でも、メールなどでお問い合わせをされてくる方がいます。

休業中であっても、そのことを伝えなければ、お客さまから「返事を待っていたのに」と、クレームに繋がることがあります。

すべてのお客さまがホームページを見てくれるわけではありませんが、そのような形で表示さえしておけば、「ホームページには表示してありますが」と伝えることによって、クレームを回避することができます。

同じように、お客さまは土日でも深夜でも早朝でも(笑)、連絡してくることもあります。

休業日や営業時間の表記をしておけば、後から説明することもできますね。

 

三浦企画ではホームページを制作する時、必ず特商法表記ページを作成しますが、そこにもきちんと休業日、営業時間を載せることが大事ですね。

 

まとめ

ホームページにはお客さまからお申し込みをいただく、お問い合わせをいただくという目的の他に、大事なことを伝えるという役割もあると言うことを覚えておきたいですね。

ホームページを持っていない方が、FacebookなどのSNSで休業日などを伝えたとしても、タイムラインでその情報はどんどん流れてしまいます。

わざわざ遡って読んでくれる方などいませんよね。

そういう意味でも、ビジネスを営む個人事業主にとって、ホームページは必須である、ということを意識されてみてください。

 

無料ホームページ相談は、現在オンライン通話システム・ZOOMでのご相談を承っております。

無料ホームページ相談の詳細はこちら

 

三浦企画・三浦猛のメールマガジンでは、個人事業主のビジネス活用についても配信しています。

メールマガジンのご登録はこちらから

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

三浦 猛

三浦企画代表  細部までこだわり、徹底した「お客さま目線」でのWEBサイト作りは、お客さまから「お申し込みが3倍になった」「これまで1件もなかったホームページからの売上件数が月に8件になった」というお声をいただいています。 デザイン制作100作以上。

-ブログ, ホームページ活用

Copyright© 三浦企画・MIU PROJECT  , 2020 All Rights Reserved.